歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

大谷竹次郎賞 奨励賞に「浪華騒擾記」

 新作歌舞伎の優れた脚本に贈られる平成18年度・第35回「大谷竹次郎賞」の受賞式が、1月25日(木)に行われました。

 奨励賞を受賞した岡本さとる氏に、大谷信義松竹副会長から、賞状と賞金が手渡されました。

 平成18年度の受賞作品は、選考委員四名(河竹登志夫、杉本苑子、永山武臣、大谷信義)による審査の結果、平成18年12月14日に次のとおり発表いたしております。

●大谷竹次郎賞
 該当作なし

●同 奨励賞
 岡本さとる 作 「浪華騒擾記(なにわそうじょうき)」
 中村翫雀、片岡孝太郎、片岡愛之助、片岡進之介 ほか出演
 (本年四月大阪松竹座上演)

---大谷竹次郎賞について---
その年に上演された新作歌舞伎脚本、新作舞踊劇脚本(大劇場の本興行で上演)の最優秀作に贈られる賞。故大谷竹次郎翁を顕彰して、昭和四十七年に設定され、今回は第三十五回目。

大谷竹次郎賞

▲ こ受賞を喜ぶ岡本さとる氏(写真・左)と大谷信義松竹副会長(写真・右) 

 

2007年01月29日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る