歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

『ヤマトタケル』観客動員100万人を達成

『ヤマトタケル』観客動員100万人を達成

 大阪松竹座では、三月・新橋演舞場、四月・博多座、そして六月・中日劇場と4ヶ月にわたるロングラン公演、スーパー歌舞伎『ヤマトタケル』を上演中です。この『ヤマトタケル』が5月16日の昼の部の公演をもって、観客動員100万人を達成しました。

 昭和61(1986)年2月に新橋演舞場で初演された『ヤマトタケル』は、哲学者・梅原猛が市川猿之助のために書き下ろし、猿之助が脚本・演出・主演の三役を勤めた大作です。斬新な衣裳と音楽、宙乗り等でも見る者を圧倒したその舞台は、演劇界に“スーパー歌舞伎”という新ジャンルを確立し、公演開始と同時に話題と反響の嵐を巻き起こしました。その後『オグリ―小栗判官―』『カグヤ』『新・三国志』シリーズ等、次々と上演されたスーパー歌舞伎の第一作目の作品であり、また、スーパー歌舞伎の中で一つの作品での観客動員が100万人を超えるのは本作が初めてです。

 当日は、作者の梅原猛氏も駆けつけ、特別カーテンコールが華やかに行われました。

梅原猛―――
 「100万人なんて想像もしていませんでした。猿之助さんと私との出会いが無ければ、スーパー歌舞伎は無かったわけです。私はまだ83歳ですので、またもうひとつ100万人のお客様を集める歌舞伎を作りたいです」

市川右近―――
 「師匠の市川猿之助が創始し、愛したスーパー歌舞伎『ヤマトタケル』が観客動員100万人達成ということで、誠に有り難く光栄でございます。厚く厚く御礼申し上げます」 

市川段治郎―――
 「この公演に携わった全ての皆様の意志を未来に繋ぐためにも、これを機に一層精進したいと思います」

『ヤマトタケル』観客動員100万人を達成

 記念すべき、100万人目となったのは、大阪市東住吉区にお住まいの、豊田チエさん(75歳)。メインキャスト34名と市川猿之助、梅原猛両氏のサインが入った大きな色紙をプレゼントされ、「今日は一人で来ました。ずっと昔から猿之助さんのファンでした。『ヤマトタケル』は今回で三回目です。今日は本当にうれしいです。ありがとうございました!」と市川右近からマイクを差し伸べられ、感激の様子で語りました。

 スーパー歌舞伎『ヤマトタケル』は大阪松竹座で27日まで。六月には名古屋・中日劇場で上演いたします。

2008年05月23日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る