歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

「歌舞伎座ギャラリー」のオープンは4月24日

歌舞伎座ギャラリー
 4月24日(水)、歌舞伎座タワー5階に「歌舞伎座ギャラリー」がオープン。こちらの概要をお伝えします。

 歌舞伎座とともに総合施設 GINZA KABUKIZAを成す歌舞伎座タワー。その5階に登場するのが「歌舞伎座ギャラリー」です。公演の前後に、また、公演のない日にも、ワンコイン程度で気軽に歌舞伎に親しんでもらおうと、さまざまな趣向で"歌舞伎ワンダーランド"を目指しています。

展示スペース
 約180平米の広さの空間では、季節や歌舞伎に関連したテーマに沿った様々な企画展が展開されます。歌舞伎座新開場のオープニングを記念して「歌舞伎の美」(仮)が準備中。春をテーマに豪華絢爛の舞台衣裳、歌舞伎ならではの演出や工夫が凝らされた大道具や小道具など、普段なかなか間近で見ることのない本物の数々が展示される予定です。イベントの情報は今後、歌舞伎美人でもお知らせします。

イベントホール「木挽町ホール」
木挽町ホール 展示スペースの奥にある約150平米、収容定員80~100名のホールです。若手の歌舞伎俳優、三味線や小鼓などの演奏家、舞台関係者などが登壇して、歌舞伎や日本文化の魅力を、時に実演を交えつつ語ります。また、企画展のテーマや歌舞伎座で上演中の演目と連動した、約30分程度のミニレクチャーなども開催を予定。

屋上庭園、店舗
 歌舞伎座ギャラリーから外へ目を向けると、そこには黙阿弥ゆかりの石灯籠も据えられた日本庭園が。その庭園を臨む日本茶喫茶「築地丸山 寿月堂」、歌舞伎の衣裳を着て写真を撮れる写真館「スタジオアリス歌舞伎写真館」、オリジナルのお土産が買える土産処「楽座」が、歌舞伎座ギャラリーに登場します。

2013年02月13日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る