歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

21日発売、新橋演舞場『壽三升景清』三升席のお知らせ

 1月2日(木)に初日を迎える新橋演舞場「初春花形歌舞伎」では、『通し狂言 壽三升景清(ことほいでみますかげきよ)』のうち大詰の「解脱」の幕にのみ、「三升席(みますせき)」が設けられることになり、12月21日(土)よりチケットが販売されます。

新橋演舞場『壽三升景清』

 「三升席」とは、舞台上に座布団を敷き、そこに座って舞台を真横から間近にご観劇いただく席で、舞台の左右に各12席、計24席が設置される予定です。これは、新橋演舞場の歌舞伎の本興行では初の試みです。

 今回の三升席は市川海老蔵の提案によるもので、「父とともに不動の役を演じた、平成4(1992)年8月歌舞伎座での自主公演『成田山分身不動(なりたさんふんじんふどう)』で、舞台上に席を設置したことをヒントに」したとのこと。そして、團十郎家の定紋である"三升"と、舞台をよく「見ます」、芝居小屋などにある「升席」などの意味をもたせて「三升席」と命名されました。

 海老蔵は、「お客様には舞台を間近で見ていただくことで、荒事の豪快さや舞台の臨場感を感じていただき、より舞台の魅力を味わっていただきたいと思っています」とコメントを寄せました。この大詰「解脱」の一幕を、ぜひ「三升席」で体験してみてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新橋演舞場「初春花形歌舞伎」
三升席について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

三升席

▲ 青い部分が三升席

・『壽三升景清』の最後の幕「解脱」のみ(約15分間)のご観劇となります。

・舞台上に設置した、舞台を間近かつ真横からご覧いただくお席です。


料金
2,000円(税込)


チケット販売
12月21日(土)10:00~発売

チケットホン松竹(10:00~18:00)でのみ受付 0570-000-489
※チケットWeb松竹での販売はありません。
※チケットホン松竹は、12月30日(月)~1月1日(水・祝)は休業


注意事項
・全席座布団席です(お席の変更およびご指定の場所以外でのご観劇はできませんので、あらかじめご了承ください)。

・上演中の入退場は、舞台進行の都合上できませんのでご注意ください。

・事前にご集合いただき、ご説明がございます。集合時間に間に合わない場合、ご観劇できないことがございますのでご了承ください。

・集合、開幕時間(予定)は以下のとおりです。
 昼の部 集合時間 13:35/開幕時間 14:05
 夜の部 集合時間 19:05/開幕時間 19:35
 ※集合時間は前の幕の上演中となります。あらかじめご承知おきください。

・集合時間、開幕時間は変更する場合がございます。公演情報の「三升席をお求めのお客様へのご案内」のページをご確認いただくか、劇場までお問い合わせください。

・貴重品以外のお荷物は、すべてお預かりします。なお、お履き物はお脱ぎいただきます。

・舞台撮影を行う場合がございますので、ご了承ください。

・未就学児童はご利用いただけません。あらかじめご了承ください。


お問い合わせ
新橋演舞場 03-3541-2600

2013年12月19日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る