歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

「ト~9の日」に「新春浅草歌舞伎」出演者が登場

talk_asakusa_0109a.jpg

 1月9日(金)、「新春浅草歌舞伎」公演終了後、浅草公会堂で初めての試みとなる「ト~9(ク)の日」が開催され、出演者の七人が登場しました。

「ト~9の日」に「新春浅草歌舞伎」出演者が登場

 第2部の『俄獅子』が終わり興奮冷めやらぬうちに、ほどなくして定式幕が引かれると、まずは『猩々』出演の種之助と隼人が舞台に現れました。『俄獅子』出演者の仕度を待つ間、二人は特別プレゼントの抽選会を担当。トークショーを楽しみにしてくださったお客様から、新年早々ラッキーな方々に、この日二つ目の“お年玉”として、七人の直筆サイン入りポスターが贈られました。

 「幕が閉まった瞬間に、五人でダッシュしました!」と、数分前には鳶頭だった松也が、まずは客席に残ってくださったお客様にお礼のご挨拶。続いて、さっそく司会者から出演者に、募集した質問を聞いていきます。

「ト~9の日」に「新春浅草歌舞伎」出演者が登場 「この七人で浅草歌舞伎を開けると聞いたときの気持ちは?」「うれしかったですね。でも、ついにやれる!というのは一瞬で、すぐに、どうしたらいいだろうと考えました。でも、皆が何とかしましょうと言ってくれたので心強かったです」という松也の回答に、ほかの六人も大きくうなずき、「不安にもなりましたが、松也にいさんに相談して助かりました」と巳之助も答えました。

 歌昇と種之助の兄弟には、「お互いのよいところ、相手に負けないところは?」という質問が届き、歌昇はまじめに答えながらも「これは聞いてみたいですね」と照れると、種之助は「兄のよいところは情熱、表に出るエネルギー。でも実は…僕のほうが、熱を持っています!」と答えて、会場の拍手を浴びました。

「ト~9の日」に「新春浅草歌舞伎」出演者が登場

 巳之助は第1部で上演の『独楽売』に引っ掛けた質問に、絶妙な回答で会場の笑いを誘い、「かわいい、と言われることが多いですが、本当はなんて褒められたいですか?」と聞かれた米吉は、考えた末の褒め言葉をお客様から一斉にかけられ、かえってはにかむ一場面も。

 「歌舞伎の役で好きな女性は?」と聞かれた隼人は、「歌舞伎の女方は旦那をたててくれるのがいいですね」と、第2部『五段目・六段目』のおかるを例に出して答えると、会場が沸きました。

 「ほかの六人に負けないところは?」と聞かれた児太郎が、「芝居に対する“熱”です」と答えると、松也から「誰よりもやんちゃなところでは」とつっこみが入るなど、初めは緊張気味に見えた七人も、日頃の仲のよさが垣間見え、名回答、迷回答が続きました。

 トークは盛り上がりをみせ、「千穐楽まで誠心誠意、精進して勤めてまいりますので、ぜひ、周りの方々をお誘いくださって浅草歌舞伎を盛り上げていただきたい」と、松也が締めた後、巳之助からの最後の“お年玉”も披露され、楽しい時間はあっという間に終了となりました。この「ト~9(ク)の日」は19日(月)にも開催され、当日第2部をご観劇のお客様がご観覧できます。チケットは、チケットWeb松竹チケットホン松竹にて販売中です。

「ト~9の日」に「新春浅草歌舞伎」出演者が登場


2015年01月10日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る