歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

「大阪平成中村座」出演者、初日に向けて

oosakanakamuraza_1024.jpg

 10月24日(土)、大阪城西の丸庭園内にて、翌日の「大阪平成中村座」初日を前に、出演者が公演への意気込みを語りました。

中村扇雀
 大阪は勘三郎の兄さんの原点、その大阪に3度目の中村座が建つのはうれしく、感無量です。今回の公演では演出の中でも、勘三郎の兄さんを懐古するような部分があります。大阪で『狐狸狐狸ばなし』の伊之助をするのは初めて。歌舞伎は初めてという方にも楽しんでいただけ、歌舞伎は敷居が高いと思っている皆さんにも楽しんでいただける、抱腹絶倒の演目です。『盲目物語』の最後には、特別な演出を考えておりますので、見た人はほかの人には内緒にしてください。ぜひ、劇場に来てご自身の目で確認していただきたい。

中村橋之助
 勘三郎の兄が亡くなってからこんなに早く、大阪で中村座ができる…。ひとえに皆様のおかげ、兄亡き後も頑張った二人の息子たちの努力の賜物。二人へ、そして僕にも兄が与えてくれたご褒美なのかもしれないですね。今回は朝から晩まで、座中みんなで奮闘しております。平成中村座を大阪城のこの地に定着させたい。“橋之助”としては最後の中村座になると思います。芝翫を襲名するなら一度は中村座で襲名興行やってくれよ、と勘三郎の兄が言っていたことも思い出されますね…。

坂東彌十郎
 最初に大阪で平成中村座を建てた扇町公演のこともすごくよく覚えていますし、そのときに初めて舞台の背景を開けたと思うのですが、すごく勘三郎さんが喜んでいました。実は私は、十七世の勘三郎のおじさん、十八世の勘三郎さん、勘九郎さんと中村屋さん三代続けて『盲目物語』に出させていただきます。とても不思議で感慨深いです。いいお芝居なので、ぜひ劇場にお越しいただき、これからもずっと中村座が続いていくように、ご贔屓のほどよろしくお願いいたします。

中村勘九郎
 5年という月日が、長かったようなあっという間だったような複雑な気持ちです。この風景や落ち葉の音が5年前と同じで、寂しい気持ちにもなります…。でも、この大坂の陣400年という記念の年に中村座を建てることができたのは、父の還暦の年にまた大阪でという約束を忘れずにいてくれた、皆さんのおかげです。今回は舞台の後ろが開いたときに、大阪城がさらによく見えるという絶好のロケーションになり、芝居の内容も大阪のお客様に喜んでもらえる自信があるものばかりです。

中村七之助
 浅草の平成中村座に続き、同じ年に大阪でも平成中村座ができる、本当にありがたいことです。『俊寛』、『盲目物語』は祖父(十七世勘三郎)、父(十八世勘三郎)ととても大事にしてきたもので、この大阪城の中村座にぴったりの演目だと思います。昼の『狐狸狐狸ばなし』も父の思いがたくさん詰まった演目ですし、少しでも父のことを思い出していただき、ほかの役者での新たな魅力も発見して楽しんでいただければと思います。熱いご声援をよろしくお願いいたします。

片岡亀蔵
 今回の公演では朝から大きい声、女方、また大きな声を出し、そして最後には裏切り者に。いろいろなことをさせていただいておりますが、それも勘三郎の兄さんのおかげですから、これまでやらせていただいたことを思い出し、天国から怒られないように頑張りたいと思います。

坂東新悟
 5年前の大阪の平成中村座と同じ『俊寛』の千鳥。そのときの経験が大きな財産になっているので、少しでもそのときに学んだことを活かせるように、恩返しできるように、大阪城のパワーも借りまして一所懸命できればと思います。


中村国生

 今回、大阪の平成中村座に初めて出させていただきます。勘三郎のおじがつくってきた中村座で、今回は新悟兄さんをはじめとして若手も多いので、楽しく勤めたいです。

中村虎之介
 初めての平成中村座が中学三年生でした。今回は高校三年生で、初めての大阪での平成中村座。普段よりも公演期間が長いので、さまざまな経験ができることと思います。


中村歌女之丞

 最初の扇町公演のときから参加させていただいています。今回は三役、一所懸命勤めさせていただきたいと思っております。

中村鶴松
 5年前に続いての大阪出演です。そのときと同じく『俊寛』の千鳥、同じ場所で同じお役をさせていただくのはありがたい。教わったときのことを昨日のことのように覚えているので、天国にいるのりパパに恥じないように勤めます。



 「大阪平成中村座」は、明日、10月25日(日)より11月25日(木)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイトチケットホン松竹にて販売中です。

2015年10月24日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る