歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

七之助が舞台『ETERNAL CHIKAMATSU』出演

「ETERNAL CHIKAMATSU ―近松門左衛門『心中天網島』より―」

 左より、デヴィッド・ルヴォー、深津絵里、中村七之助

 2月29日(月)から大阪 シアター・ドラマシティ、3月10日(木)から東京 Bunkamura シアターコクーンにて上演される「ETERNAL CHIKAMATSU ―近松門左衛門『心中天網島』より―」に、中村七之助が出演、公演を前に制作発表会見に出席しました。

 

 近松門左衛門の『心中天網島』を背景に、舞台上で現代と過去が交錯する「ETERNAL CHIKAMATSU(エターナルチカマツ)」は、苦しい恋に悩む現代の女性「ハル」(深津絵里)と、江戸時代の遊女「小春」(七之助)の生きる時間がふとしたことで重なり、お互いの中に自分の姿を見出していくというストーリー。ウエストエンド演劇賞やトニー賞の受賞、ノミネートをはじめ、舞台芸術の本場で高く評価される演出家、デヴィッド・ルヴォー氏のアイディアをもとに書き下ろされたオリジナルストレートプレイです。

 

 会見の初めにルヴォー氏は、作品誕生の裏に「歌舞伎俳優の演じる近松作品をいつか演出してほしい」という、十八世中村勘三郎との約束があったことを明かし、「今回、七之助さんの出演を得たことは非常に意義深く、何か運命を感じます」と語りました。またルヴォー氏との初対面で、その熱意に圧倒されたと言う深津。「演出のアイディアを次から次へとあふれるように語られて…そのときに勘三郎さんの話もうかがいました。勘三郎さんが、私をこの作品につないでくださったような感覚があります」と思いを馳せます。

 

「ETERNAL CHIKAMATSU ―近松門左衛門『心中天網島』より―」

 ストレートプレイ初主演となる七之助、「また一歩、父の遺志を受け継げました」と笑顔で語りました。勘三郎の「型があるからこその“型破り”」という言葉を引き、「歌舞伎と現代劇で手法は違えど、根は同じと思っています。肝に銘じて、型を踏まえたうえで突き破れるよう、現代劇の俳優さんとセッションしていきたいです」と意欲を見せます。「音楽はジャズを使うとうかがっています。父が当初イメージしていたより、さらに大きなスケールでの上演となるのではないでしょうか。大変うれしく思います」。

 

チラシを拡大する裏面を見る

 

 出演の打診を受けた際には「男役が来たらどうしようかと…」と、女方ならではの悩みもよぎったそうですが、脚本と演出は日々進化中。一人が何役も兼ねる演出上、女性役以外での出演も期待できるかもしれません。

 

 深津は共演の七之助について、「本当に軽やかな方。姿だけでなく、作品をつくり上げる姿勢が美しくて、ご一緒できる貴重な機会が本当にうれしい」と語ると、七之助は「深津さんはテレビ、舞台、映像、何に出演されても素晴らしい、尊敬できる先輩。また共演したいと思っていただけるよう、一所懸命勤めたいです」と応じました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ETERNAL CHIKAMATSU

―近松門左衛門『心中天網島』より―

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

出演: 深津絵里 中村七之助 /伊藤 歩 / 入野自由 矢崎広 澤村國久
  山岡弘征 朝山知彦 宮菜穂子 森川由樹 /中嶋しゅう/音尾琢真 ほか

作:谷 賢一

演出:デヴィッド・ルヴォー

 

 

【大阪公演】

日時

2016年2月29日(月)~3月6日(日)

 

場所

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

 

チケット

全席指定:11,500円(税込)

チケットお取り扱いはこちら

 

お問い合わせ

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ 06-6377-3888

 

 

【東京公演】

日時

2016年3月10日(木)~27日(日)

 

場所

Bunkamura シアターコクーン

 

チケット

S席:11,500円 A席:9,000円 コクーンシート:6,000円(すべて税込)

チケットお取り扱いはこちら

 

お問い合わせ

梅田芸術劇場 0570-077-039

2016年01月28日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る