歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

橋之助が舞台『御宿かわせみ』出演のお知らせ

橋之助が舞台『御宿かわせみ』出演

 5月3日(火・祝)から始まる、明治座『御宿かわせみ』に、中村橋之助が出演、制作発表会見で作品への思いを語りました。

 2003(平成15)年から約2年半にわたり、NHK金曜時代劇で放送された『御宿かわせみ』が、橋之助の神林東吾、高島礼子の庄司るい、という同じ配役で舞台作品として上演されます。

 

 今回の脚本は、現在も続く平岩弓枝の人気シリーズから、読者の人気投票で上位を占めた5つのエピソードを織り交ぜ、オリジナルストーリーとしてG2が書き下ろしました。演出も行うG2は、原作と出演者の魅力で「面白くならないはずがない」と言い、「人と人との絆、ふれあい、空気感を大事に、最後は温かい気持ちを共有できるようにしたい」と、作品への思いを語りました。

 

橋之助が舞台『御宿かわせみ』出演

11年ぶりの東吾とるい

 テレビ放送の終了から11年、再びの共演を喜んだ橋之助と高島。意外にも明治座の舞台に立つのは2度目と言う橋之助は、「小さい頃に尊敬する白鸚のおじさん、(二世)松緑のおじさんの舞台を観た明治座、同じところに自分が立つのが楽しみです。地方の公演では必ず、『御宿かわせみ』をやって、と声をかけられていたので、ようやく約束が果たせます」と、うれしそうに語りました。

 

 「この作品は人情ドラマ。日本人が持っている魂の優しさ、人とのつながり、助け合いといったものを訴えかけられたらいいなと思います」。橋之助は作品の魅力を、派手な立廻りや仕掛けではなく、会話やたたずまいなどで、いかにしてお客様に伝えるかに挑みます。「二人ならではの雰囲気を醸し出したい」と、息もぴったりの東吾とるいは11年の空白を感じさせません。

 

橋之助が舞台『御宿かわせみ』出演

舞台だからこそ新たに表現できること

 放送当時は舞台化の話が出ても、「挑戦が恐ろしかった」と振り返る高島ですが、11年経った今は、「舞台にはお客様が、感情移入できる人を自由に選んで見ていただける、感じていただける素晴しさがある」と、舞台に立つ魅力を十分に感じている様子。「舞台の上では橋之助さんに頼り切りたいです。得るものがたくさんあって、これまでの庄司るいとは違ったものが、今なら出せると思います。経験は未熟ですが一所懸命させていただきます」と、今回の挑戦にも意欲満々です。

 

 演じる東吾との共通点を聞かれて、「二男坊らしさ」を挙げた橋之助は、「うちの二男も出演させていただくんですよ」と、父とともに10月、三代目福之助となる宗生との共演も明かしました。宗生は、かわせみに妹連れで来たちょっと訳ありの客、左太郎役で登場します。

 

 八代目芝翫襲名披露を控え、今は「橋之助としてやるべきこと、やっておくべきことを見出すことが必要だと思います。その一つがこの舞台であり、G2さんとの稽古」と、表情を引き締めた橋之助。今後、「高島さんとの恒例の公演になるよう、その第一歩として勤めさせていただく」と、力強く意気込みを語りました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

明治座5月公演 『御宿かわせみ』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

出演:中村橋之助 西村雅彦 高橋和也 柳下 大

    朝海ひかる 紺野美沙子 高島礼子

 

原作:平岩弓枝(「文春文庫」刊)

脚本・演出:G2

 

 

日時

2016年5月3日(火・祝)~27日(金)

11:30/16:00開演

※19日(木)のみ17:00開演

※休演、貸切は明治座の公演特設サイトでご確認ください。

 

場所

明治座

東京都中央区日本橋浜町2-31-1

 

チケット

S席(1階席・2階前方席):12,000円 A席(2階後方席):8,500円 B席(3階席):6,000円(すべて税込)

※学割(各席種2割引き)あり。明治座チケットセンター、または明治座窓口にて各発売日より販売。

 

2016年3月28日(月)10:00発売

 

明治座 インターネット予約「席とりくん」 

・明治座チケットセンター 03-3666-6666(10:00~17:00)

・明治座窓口(10:00~17:00) ※2016年3月31日(木)より、窓口販売・予約引取り開始

 

チケットWeb松竹 チケットWeb松竹スマートフォンサイト

チケットホン松竹

ほか、各種プレイガイド

 

お問い合わせ

明治座チケットセンター 03-3666-6666(10:00~17:00)

2016年03月24日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る