歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

染五郎、勘九郎、七之助がシネマ歌舞伎『阿弖流為』完成披露上映会に登場

染五郎、勘九郎、七之助がシネマ歌舞伎『阿弖流為』完成披露上映会に登場

 

 

 6月25日(土)より、新宿ピカデリーほか全国57館で公開されるシネマ歌舞伎『歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉』の完成披露上映会に、出演者の市川染五郎、中村勘九郎、中村七之助が登場、新宿ピカデリーの満席のお客様を前に挨拶しました。

染五郎、勘九郎、七之助がシネマ歌舞伎『阿弖流為』完成披露上映会に登場

 5月17日(火)、新宿ピカデリーは来月の公開が待ちきれないお客様でいっぱいでした。「シネマ歌舞伎『歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉』は、舞台と違って何度やっても疲れない、何年やっても年をとりません。しかも、上映すればするほど、その価値が上がるのではないかと思います」と、まずは染五郎がユーモアを交えて口火を切りました。

 

新たな歌舞伎、新たなシネマ歌舞伎

 勘九郎は、「染五郎さんが歌舞伎NEXTとして発信した第1回の作品。皆、気合が入っています。(映像として)一生残ることを誇りに思いますし、それを目撃した皆様も誇りに思ってください」と挨拶しました。七之助は、「皆が一つの方向を向いて一所懸命つくった作品です。それが映画になった、その映画ならではのところを楽しんでください」と語りかけました。今回、シネマ歌舞伎最多となる19台のカメラを駆使した映像は、映画をも超え、シネマ歌舞伎ならではの体験をもたらします。

 

染五郎、勘九郎、七之助がシネマ歌舞伎『阿弖流為』完成披露上映会に登場

 「シネマ歌舞伎自体も進化しています。いろいろな編集を試してつくり上げた、新たなシネマ歌舞伎です。ぜひ楽しんでいただきたいし、次に期待もしてほしい」と、染五郎。拍手や歓声などお客様の反応も演出の一つとして、編集が行われたといいます。ですから、芝居が受けたかどうか、「実際にお客様の反応があったかなかったかは、観てもわかりません」と染五郎が言うと勘九郎がすかさず、「では、(拍手のないシーンも)反応があった、と思って観てください」と、呼びかけて場内のリアルな拍手を浴びていました。

 

 『阿弖流為』のみどころの一つが激しい立廻り。染五郎は、「台本に、“なぎ倒す”とあるのを、舞台でどうやって表現するのか…。何十人も相手に斬っていくのは大変でした」と振り返ります。劇団☆新感線と歌舞伎の殺陣師により緻密な殺陣がつくられ、「作品の柱の一つ」(染五郎)にまで磨き上げられました。

 

染五郎、勘九郎、七之助がシネマ歌舞伎『阿弖流為』完成披露上映会に登場

一丸となって突き進んでいた稽古場

 勘九郎と七之助は、初めての劇団☆新感線の演出法に驚いたと言います。「いのうえさんの演出は、型が決まっているなか、自分の感情をどう表現するかなので、歌舞伎と似ています。いつも自由にされているように見えた新感線の俳優さんたちは、なんて恐ろしいんだ、自分もそこに行かないと、と思いました」と七之助。勘九郎は「稽古が本当に楽しかった。皆が熱い気持ちで作品をつくり上げようとするパワーが、稽古場に充満していて気持ちよかった」と、懐かしみました。

 

 「歌舞伎NEXTってなんだろう、と考える間もなく、稽古に入りました。すごいもの、面白いもの、びっくりするものをつくろう、歌舞伎NEXTを立ち上げるんだという思いを、カンパニー一同が忘れることなく、その思いだけに割り切って突き進んだ。いのうえさんの力に引っ張られ、皆で同じ方向を目指して一気につくり上げました」。染五郎の言葉に、勘九郎は「現場にいられたことが幸せ」、七之助は「歌舞伎人生に深く刻まれた稽古、演目」と続けました。

 

 「歌舞伎NEXTの誕生、その第一弾がこの『阿弖流為』」と染五郎が宣言した作品。新しい歌舞伎の誕生に、シネマ歌舞伎も新たなステージに突入しました。最後に染五郎が、「楽しんで興奮していただけると思います」と太鼓判を押し、いよいよシネマ歌舞伎『歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉』の上映が始まります。全国公開は6月25日(土)です。 

染五郎、勘九郎、七之助がシネマ歌舞伎『阿弖流為』完成披露上映会に登場

 上映会の翌日が誕生日で、蝦夷の空をイメージした星空模様のバースデーケーキをプレゼントされた七之助。阿弖流為から“クマ子”の飾りを食べさせてもらう鈴鹿!?

 

シネマ歌舞伎『歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉』特設サイトはこちら

2016年05月18日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る