歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

「六本木歌舞伎」カーテンコールに登場したのは…

「六本木歌舞伎」カーテンコールに登場したのは…

 

 

 2月4日(土)に開幕したEXシアター六本木「六本木歌舞伎」では、初日カーテンコールに脚本のリリー・フランキー、演出の三池崇史が登場しました。

 「六本木歌舞伎」第一弾の『地球投五郎宇宙荒事(ちきゅうなげごろううちゅうのあらごと)』から丸2年、第二弾としてつくられたのが新作歌舞伎『座頭市』です。映画や舞台でよく知られる凶状持ちで盲目の侠客、市の物語を、今回はリリー・フランキーが歌舞伎に書き下ろしました。演出は、前作に引き続き三池崇史です。

 

 市を演じる海老蔵の立廻りはもちろんのこと、22年ぶりとは思えない息もぴったりの寺島しのぶとの共演など、みどころたっぷりの芝居。また、舞台と客席、出演者とお客様との一体感も「六本木歌舞伎」ならではで、特に、舞台の役柄そのままに出演者が客席に降りてやりとりする場面では、お客様もすっかり芝居に入り込んでしまいます。さらに、幕間には、場内やロビーに先ほどまで芝居に登場していた出演者がそのまま現れ、お客様とおしゃべりしたりといったお楽しみもあります。

 

 初日のカーテンコールでは、出演者たちとともにそんな舞台をつくり上げたリリー・フランキーと三池崇史が、海老蔵に呼び出されて舞台に上がり、満場のお客様から、そして出演者からも熱い拍手と歓声を浴びました。

 

「六本木歌舞伎」カーテンコールに登場したのは…

 初日カーテンコール。前列左より、寺島しのぶ、三池崇史、リリー・フランキー、市川海老蔵

 EXシアター六本木「六本木歌舞伎 第二弾 座頭市」は、2月20日(月)までの公演。チケットは、ゼンエイ(03-3538-2300 平日11:00~19:00)にお問い合わせください。

2017年02月09日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る