歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

宗之助、國矢が盛り上げた「松竹NEO花街」

宗之助、國矢が盛り上げた「松竹NEO花街」

「声優陣降臨!『カブキブ!』トークショー」 左より、澤村宗之助、市川太一

 4月29日(土・祝)・30日(日)、千葉県 幕張メッセ「ニコニコ超会議2017」の松竹ブース「松竹NEO花街」にて行われたトークショーに、澤村宗之助、澤村國矢が登場しました。 

 29日(土・祝)の「声優陣降臨!『カブキブ!』トークショー」に登場したのは、声優の市川太一と宗之助。現在放送中のテレビアニメ「カブキブ!」(TBS系列で木曜26:30~27:00)は、歌舞伎大好きの高校生来栖黒悟が、歌舞伎の上演を目指して仲間たちと歌舞伎部を立ち上げる青春ストーリーです。この作品で主人公の来栖黒悟の声を担当しているのが市川太一です。

 

宗之助、國矢が盛り上げた「松竹NEO花街」

 高校生のときはオートバイが好きだったけれど、学生生活は歌舞伎一筋だったという宗之助は、「初部活が、このカブキブ」と明かし、初部活で初声優挑戦を楽しんでいる様子です。「絵がない状態で、(進行の秒数表示の)カウントを見ながらしゃべって、放送を見て初めて、こういう絵だったんだと」。

 

 青春話の後は、第1回放送で宗之助が担当した『三人吉三巴白浪』のお嬢吉三の名せりふに、市川太一が挑戦しました。「歌舞伎俳優は生の声でしゃべるのが普通なんですが…」、あちこちのブースから声が飛び交う超会議の会場ということで、宗之助がマイクを使い、まずは手本を披露。「紀伊国屋!」のかけ声がかかって拍手を受けた宗之助は、せりふ回しにも的確なアドバイスをし、その結果、見事なせりふを聞かせた市川太一には「黒悟屋!」のかけ声がかかりました。

宗之助、國矢が盛り上げた「松竹NEO花街」

 「『超歌舞伎 花街詞合鏡』トークショー」 左より、アメリカザリガニ(司会)、澤村國矢、松岡亮(「超歌舞伎」脚本担当)

 30日(日)の「『超歌舞伎 花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)』トークショー」には國矢と、脚本担当の松岡亮が登場しました。たくさんのブースが活況を見せる会場を見て國矢は、「この騒ぎの中で歌舞伎をやっていたんだ、この方たちがサイリウムを持って声をかけてくださったんだ」と、あらためて超会議、超歌舞伎のお客様の熱量に驚いていました。

 

 初音ミクとの共演に、「(投影されるスクリーンが背面にあるため)映像からせりふが出てきたとき、自分が立っているところよりも後ろからだったので、もう少し前へ出ていただけますか、と言いたかったんですが、獅童さんと共演される大女優さんなので、そんなことも言えず…」というように、國矢がユーモアたっぷりに話すので、トーク中は爆笑の連続。

 

宗之助、國矢が盛り上げた「松竹NEO花街」

 一方、松岡から「第一作があれだけ反響をいただいたので、プレッシャーが大きかった」と、脚本担当ならではの苦労話が出たときには、國矢も「大変なんだろうな、どんな話になるのかなと思っていました」と大きくうなずきました。昨年の『今昔饗宴千本桜』が、実は、プロットから1週間で第一稿、製作3カ月弱だったとの話には、思わず会場からはねぎらいを込めた拍手まで起こりました。

 

 第二弾として「去年と話をリンクさせるかさせないか、悩みました」。結果、少しだけリンクさせることで、思惑どおり白狐と青龍となった終盤は、一段と盛り上がりを見せました。「会場をできるだけ使いたいなと、『御所五郎蔵』のご趣向をいただいて」、紋三と新右衛門は客席から登場しました。扇子のやりとりや衣裳も『御所五郎蔵』と同じですが、「せりふは新たにつくり直しています」。初音太夫の花魁道中や獅童と國矢の出の長唄には、会場のある幕張や、二人の屋号や本名が折り込まれているとの話も明かされました。

 

 國矢は好きなせりふを聞かれ、「俺の身請けを断る手紙」が、情けないのにカッコ可愛いからと答え、本番直前にもかかわらず、舞台さながらの声を聴かせて拍手を浴びました。そして話題は、なぜか書き込みで“自撮り棒”と呼ばれている鉄杖(てつじょう)に。「初めは何のことを言っているのかわからなかった」と國矢が言うと、松岡が「今回は小道具の打ち合わせ段階から、今年も鉄杖お願いしますと、最初から使うことが決まっていました」と続け、2年目にして鉄杖が「超歌舞伎」のアイコンになっていることがわかりました。

 

宗之助、國矢が盛り上げた「松竹NEO花街」

これが噂の自撮り棒! 青龍が鉄杖でアメリカザリガニをやっつけるの図、ではありません!!

 普段、あまり写真を撮らないという國矢ですが、スタッフが用意した自撮り棒を渡されると、鉄杖と同じくらい慣れた手つきで、お集まりの皆さんと何枚も記念撮影。舞台裏の話が次々と披露されたトークショーは、最後まで盛り上がりに盛り上がって終了となりました。

 

超歌舞伎『花街詞合鏡』特設サイトはこちら

2017年05月02日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る