歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

猿之助が映画『花戦さ』完成披露会見に登場

猿之助が映画『花戦さ』完成披露会見に登場

 映画『花戦さ』 前列左より、佐々木蔵之介、佐藤浩市、野村萬斎、市川猿之助、中井貴一/後列左より、山内圭哉、和田正人、森川 葵、高橋克己、吉田栄作、篠原哲雄(監督)

 6月3日(土)より全国ロードショーの映画『花戦さ』に、市川猿之助が出演、完成披露会見に登場しました。

 誰もが恐れる信長(中井貴一)の前にいけばなを披露して「見事なり」と言わしめた池坊専好(野村萬斎)。時は移り、天下人となった秀吉(猿之助)が、千利休(佐藤浩市)をはじめ、自分の意に背く者を次々と亡き者にしていくなか、ついに専好は花を手に戦いを挑んでいく…。飄々とした外見の専好と絢爛豪華な物に囲まれた秀吉、見た目は正反対ながらともに堅固な意志を持つ二人の真っ向勝負は、見逃すことのできないシーンとなりました。

 

 「きら星のごとく素晴らしい大先輩方の胸を借りてお芝居ができたことが、私の歌舞伎役者としての幅を広げ、たいへん豊かな時間を過ごさせていただきました。どこを切り取っても美しい画面、音楽。見終わったあと、心の中にすがすがしい風が吹きました。ご覧になる方に何か持って帰っていただける作品になっております」と、作品をアピールした猿之助。

 

猿之助が映画『花戦さ』完成披露会見に登場

 佐藤浩市(写真左)のエピソードに、思わず顔を見合わせた野村萬斎(同中)、市川猿之助(同右)

 専好を演じる主演の萬斎は能狂言の世界で活躍していますが、「実は能と歌舞伎は近くて遠い存在で、決して一緒にできない時代もありました。それが今回、映画という舞台ではからずも共演できたのがうれしかった。初めてのようで初めての気がしない。本当だったら親近感を覚えるんですが…」、役柄としては敵対関係とあって、うれしさを隠して芝居をしていたと猿之助は明かしました。

 

 また、利休との対決でも、「大先輩の浩市さんの頭を踏むのが本当に嫌で、なんでこんな役をと思ったんですが仕方がない。心の中はごめんなさい、でした」と話し、いい経験だったと振り返りました。当の佐藤は、「古典芸能の方々は形の大事さのなかで芝居ができる。でも、(古典芸能ではない)僕のような役者は、実際に(踏まれる)圧がかからないと芝居ができないので、猿之助くんにもっと踏んで、もっと踏んで、とお願いさせていただきました」と、撮影秘話を披露して会場を沸かせました。

 

 萬斎と猿之助は専好と秀吉の対決シーンを楽しみにしていたと言います。萬斎は、「型のある古典芸能の人間は、脚本に書かれたことを緻密にも演じますが、どう誇張されるか、どんなダイナミズムでこられるかと楽しみにするところもあります。憎々しい嫌な秀吉が、こんなにチャーミングに見えるって素晴らしい」と、二人の大勝負をおおいに堪能した様子でした。

 

 最後に篠原哲雄監督が、出演者や映画の中のいけばなをつくり上げた池坊に感謝し、「日本文化の基礎となった頃のお話ができました。世の中にとって、文化はいかなる力を発揮するのか、皆さんの心の中に伝わっていく映画になったと思います」と、あらためて花の力、日本の伝統文化の力強さを讃えました。

 

猿之助が映画『花戦さ』完成披露会見に登場

 『花戦さ』 野村萬斎

猿之助が映画『花戦さ』完成披露会見に登場

 『花戦さ』 左より、佐藤浩市、市川猿之助

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

映画『花戦さ』

━━━━━━━━━━━━━━━━

出演:野村萬斎 市川猿之助 中井貴一 佐々木蔵之介 佐藤浩市
    高橋克実 山内圭哉 和田正人 森川 葵 吉田栄作 竹下景子

 

脚本:森下佳子

原作:鬼塚 忠「花戦さ」角川文庫刊

音楽:久石 譲

監督:篠原哲雄

 

 

猿之助が映画『花戦さ』完成披露会見に登場

公開

2017年6月3日(土)全国ロードショー

 

上映館

公式サイトでご確認ください。

 

上映時間

2時間7分

 

配給

東映

 

『花戦さ』公式サイト

(C)2017「花戦さ」製作委員会 

2017年05月30日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る