歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

勘九郎が映画『銀魂』ジャパンプレミアに登場

勘九郎が映画『銀魂』ジャパンプレミアに登場

 映画『銀魂』ジャパンプレミア 前列左より、ムロツヨシ、長澤まさみ、菅田将暉、小栗 旬 、橋本環奈、岡田将生、新井浩文、奈々緒/後列左より、福田雄一(監督)、吉沢 亮、柳楽優弥、中村勘九郎、早見あかり、安田 顕、佐藤二朗

 7月14日(金)より全国ロードショーの映画『銀魂』に、中村勘九郎が出演、ジャパンプレミアの舞台挨拶に登場しました。

 幕末、地球にやってきたエイリアンとの戦いを経て、今は地球人と天人(あまんと)がともに暮らしている江戸の町。そこで、なんでも引き受ける「万事屋(よろずや)」の坂田銀時(小栗 旬)たちのもとに、仕事の依頼が舞い込んで始まる、怒涛の痛快アクション・エンターテインメントが、映画『銀魂』です。時代劇でありSFでもあり、パロディーと笑いが満載で、本格アクションのみどころもたっぷり、現在連載中の人気漫画の世界観をそのままに実写化した映画となっています。

勘九郎が映画『銀魂』ジャパンプレミアに登場

 福田雄一監督は、「(原作者の)空知英秋先生が、連載が終わるまで映画化はダメだといわれているなか、(深夜のコメディードラマ)『勇者ヨシヒコ』『アオイホノオ』を撮った福田さんだったらできるんじゃないかと言ってくださった」と、期待を受けての映画化にプレッシャーもあったと明かしました。原作ファンからの期待は大きく、同様にプレッシャーを感じていた出演者も多かったようです。

 

 ジャパンプレミアの舞台挨拶に登場したのは、監督のほか14名の出演者たち。「普段はぐうたらだけど、守るべきもののために戦うところ」が、銀時の魅力と真面目に語った小栗でしたが、そのあとは、撮影現場の雰囲気を彷彿とさせる、ボケとツッコミの応酬で、会場は爆笑に継ぐ爆笑となりました。

 

勘九郎が映画『銀魂』ジャパンプレミアに登場

 『銀魂』 中村勘九郎

 勘九郎は、人気の高いキャラクターの一人で、幕府の特殊警察である真選組の局長、近藤勲役。演じる苦労はと聞かれた勘九郎の答えは、「撮影が去年の7月、8月で、とても暑い時期でした。皆さん、衣裳がとても凝っていたので、すごく暑い思いをされたと思うんですが、僕はほとんど裸だったので、全然苦労しなかったです」。そこからは、裸で真剣な演技する勘九郎に、笑いをこらえきれなかった共演者たちから不満が続出、小栗も「勘九郎さんに役者魂を出していただきました」と、エピソードを披露していました。

 

 笑いが絶えないなか、見えてきたのは過酷なアクション撮影の様子でした。台本では2、3行ながら、10日ほどかけた殺陣もあると言います。「小栗くんと韓国のアクションチームのおかげ」と、福田監督が感謝すると、出演者からも練習の成果もあって見ごたえのあるものになったとの声が上がりました。

 

 以前の舞台挨拶で主演俳優にひと言もしゃべらせなかった逸話を持つ福田監督、そして14名の出演者それぞれが個性を発揮したイベントとなり、最後に小栗が「いろいろ伝わったと思います。こんな映画です、楽しんでください」と収めて、ようやくプレミア上映が始まりました。映画は7月14日(金)公開です。

 

勘九郎が映画『銀魂』ジャパンプレミアに登場

 映画『銀魂』真撰組の3人 左より、吉沢 亮、中村勘九郎、柳楽優弥

 

勘九郎が映画『銀魂』ジャパンプレミアに登場

━━━━━━━━━━━━━━━━

映画『銀魂』

━━━━━━━━━━━━━━━━

出演:





小栗 旬
菅田将暉 橋本環奈 / 柳楽優弥
新井浩文 吉沢亮 早見あかり ムロツヨシ
長澤まさみ 岡田将生
佐藤二朗 菜々緒 安田顕
中村勘九郎 堂本剛

 

脚本/監督:福田雄一

原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)

 

 

映画『銀魂』真撰組の3人 左より、吉沢 亮、中村勘九郎、柳楽優弥

公開

2017年7月14日(金)全国ロードショー

 

上映館

公式サイトでご確認ください。

 

上映時間

2時間11分

 

配給

ワーナー・ブラザース映画

 

『銀魂』公式サイト

(C)空知英秋/集英社 (C)2017「銀魂」製作委員会

2017年06月29日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る