ニュース

新作シネマ歌舞伎『歌舞伎座捕物帖』6月公開決定

新作シネマ歌舞伎『歌舞伎座捕物帖』6月公開決定

 2018年6月9日(土)、シネマ歌舞伎の最新作として『東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖(こびきちょうなぞときばなし)』の公開が決定しました。

 今年の「八月納涼歌舞伎」で、歌舞伎座に帰ってきた弥次さん喜多さんが、殺人事件解決に大活躍(?)する『歌舞伎座捕物帖』が上演されました。昨年の8月、染五郎の弥次郎兵衛、猿之助の喜多八がお伊勢参りに出かけたはずが、なぜかラスベガスまで足を延ばし、最後は打ち上げ花火で飛ばされて…という『東海道中膝栗毛』が上演されてから1年。弥次喜多の二人が江戸に戻り、歌舞伎座でアルバイトをするところから始まったのが『歌舞伎座捕物帖』です。

 

 その歌舞伎座で起こった殺人事件。弥次さん喜多さんは事件解決に奔走しているのか、かえって邪魔をしているのか、そこは観てのお楽しみですが、この公演では結末が2つ用意されており、その日のお客様の拍手の大きさで、どちらになるか決まるというお楽しみもありました。さて、今回のシネマ歌舞伎ではいったいどちらの結末に…。

 

 この6月に公開されたシネマ歌舞伎『東海道中膝栗毛』は、映像ならではの演出で舞台をご覧になったお客様にも新鮮な作品としてご覧いただけましたが、今回の『歌舞伎座捕物帖』もシネマ歌舞伎ならではの構成で、舞台とはひと味違う“謎解き話”がご堪能いただけます。公開は来年6月です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

シネマ歌舞伎第31弾

『東海道中膝栗毛  歌舞伎座捕物帖』 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公開

2018年6月9日(土)

東劇ほか全国公開

 

上映時間

1時間50分(予定)

 

「シネマ歌舞伎」公式サイト 

2017年12月22日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る