ニュース

進化する超歌舞伎、歌舞伎シャウトも登場

進化する超歌舞伎、歌舞伎シャウトも登場

 初音ミクの踊りの上達ぶりを表現したのは、リアルに限りなく近づいた技術の進歩と、共演者である獅童とのシンクロぶり。二人の息の合った演技の陰にも技術の積み重ねがありました

 4月28日(土)・29日(日・祝)、幕張メッセのイベントホールで開催された「超歌舞伎 Supported by NTT 『積思花顔競(つもるおもいはなのかおみせ)』」では、さまざまな最新技術が演出に用いられました。

 「超歌舞伎」は伝統芸能である歌舞伎と最新技術が融合した、新しいエンタテインメント。日本電信電話株式会社(NTT)と株式会社ドワンゴの技術を用いた3度目の今年も、技術のさらなる進歩が会場のお客様、生放送を楽しむニコニコユーザーをおおいに驚かせました。

 

進化する超歌舞伎、歌舞伎シャウトも登場

 初音屋おミクさんを乗せた山車を、引き手が動かし、背面も見せます。山車の中には桜吹雪が舞い、奥行きを感じさせました

 最初の驚きは、山車に乗って登場した初音ミク。NTTの技術による「両面透過型多層空中像表示装置」を祭りの山車に仕立てました。モニタに映し出した像を、ハーフミラーに反射させることで、ミクと絵柄の大小二つの桜吹雪、あわせて3層の動く空中像を映し出し、奥行きのある映像として見せ、練り歩きました。また、引き手が山車の向きを変え、ミクが背面も見せてそのまま山車から舞台へ降りるという演出には、会場が一段と沸きました。

 

進化する超歌舞伎、歌舞伎シャウトも登場

完全に固定できない背景でも、被写体と背景の色の関係性を学習させておくことで精度よく人物のみを抜き出し、かつ、リアルタイム処理によりタイムラグを感じさせないシーンをつくり出しました

進化する超歌舞伎、歌舞伎シャウトも登場

 惟喬親王と白鷺の激しい立廻りでも、映像は乱れず、迫力のシーンが生まれ、演出を支える技術に対してNTTへ「電話屋!」のかけ声がたくさん飛びました

 NTTのイマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」は、2016年の超歌舞伎で分身の術を生み出しましたが、被写体抽出技術の進歩により、今年は人物と背景の色の差がわずかでも、映像中から人物を抜き出すことが可能になり、これまで難しかった揺らぎのある背景でもその精度を維持できるようになりました。

 

 それにより、人が手で持っている桜の戸板の前で、惟喬親王が激しく白鷺たちと戦い、同時に上段のスクリーンでは、惟喬親王の分身がミクの白鷺の精霊と戦うというみどころが生まれました。惟喬親王の分身は、後半の立廻りでもディラッドボード上に左右対称の鏡像となって再度登場しています。

 

 環境の揺らぎは背景だけでなく、会場のスモークの濃さも公演各回ごとに変わってくるため、遠方から撮影するカメラ映像中の色味全体に影響を与えます。しかし、そうした揺らぎもまた機械学習によって吸収していくことで、映像の抽出精度を高めることができ、その結果は、ニコニコ生放送にも大きな変化として表れました。

 

 
進化する超歌舞伎、歌舞伎シャウトも登場

 初音ミクの小野初音姫の十二単には、衣擦れの音さえ聞こえそうなリアルな質感と動きの滑らかさに、驚嘆のコメントが多数。舞踊も格段に上達、手先の美しさにも注目。衣裳の数も増えました

 ディティールに凝った初音ミクの衣裳の質感や動き、よみがえった惟喬親王の立体感は、映像を超えた生々しさとして伝わり、感動のコメントが画面にあふれます。

 

 今年も会場の左右のスクリーンで、生放送でしか味わえない効果も見られるようになっており、会場ではライブの臨場感とAR(拡張現実)の面白さの両方が堪能できました。

タイムシフト視聴で千穐楽の公演を5月30日(水)23:59まで配信中。

進化する超歌舞伎、歌舞伎シャウトも登場

 コメントで“ゾンビ”と呼ばれていたのが、骨寄せでよみがえった惟喬親王。生放送では平面から飛び出したように見え、迫真の演技にコメントが殺到!

 

進化する超歌舞伎、歌舞伎シャウトも登場

 「電話屋!」「初音屋!」の声が、文字となって移動し、モニタ上でその文字が踊り出します。一連の動きがかけ声の良し悪しで変化して楽しませた「歌舞伎シャウト」。超歌舞伎には初登場

 そして、インタラクティブ体験ブースとして超歌舞伎の会場に初登場の「歌舞伎シャウト」。モニタに映った役者に、屋号のかけ声をかけると、声が文字となって映像に飛び、そのタイミングや声量、大向こうらしさに合わせて映像が反応を見せ、“大向こう力”がわかるというもの。開演前からたくさんのご来場者が楽しんでいらっしゃいました。

 

 歌舞伎シャウト初登場のミクにうまく「初音屋!」が届けば、ミクの演技に変化が現れ、同じく初登場の仕掛けとして、「電話屋!」とかけると、遊び心満載の反応が見られるというお楽しみも人気に。賑やかな会場でも雑音を抑えてしっかり音声を認識させる「インテリジェントマイク技術」、ただ声が届くのではなく、かけ声が発声源ごと任意の位置から飛んでいくかのような「リアルタイム波面合成技術」など、複数の技術が歌舞伎シャウトというゲーム感覚で楽しめる形に結集しました。

 

 進歩した技術力の高さと、それを受け入れる歌舞伎の奥深さ、双方の相乗効果が今年も存分に発揮された超歌舞伎となりました。

 

タイムシフト視聴はこちら ※千穐楽の公演を5月30日(水)23:59まで配信中

 

超歌舞伎第2弾『花街詞合鏡』Blu-ray(税別5,500円)販売開始

超歌舞伎『積思花顔競』特設サイト

2018年05月11日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る