ニュース

歌舞伎座ギャラリー、第一回「ぎんざ木挽亭」のお知らせ

 8月17日(金)、歌舞伎座ギャラリーで、第一回「ぎんざ木挽亭」 by TOKYO KOBIKI LABが開催されます。

 

 歌舞伎座ギャラリーで月一開催の新企画として始まる「ぎんざ木挽亭」は、第一部、第二部、別立ての寄席演芸のイベントです。第一部「寄席演芸で聞く芝居のハナシ」は、歌舞伎にゆかりのある演目、テーマ、季節感などを切り口とした高座を中心にお楽しみいただけます。第二部「神田松之丞の会」は、主任の神田松之丞が、毎月、敬愛するゲストを迎え、この場所でしか体験できない独自の会を目指します。

 

歌舞伎座ギャラリー、第一回「ぎんざ木挽亭」のお知らせ

 第二部で主任を務める松之丞は、昭和58(1983)生まれの講談界の若き才能です。平成19(2007)年に三代目神田松鯉に入門、近年では平成28年度花形演芸大賞を受賞しています。ラジオでの軽妙な語り口でも支持を集めており、まさに人気と実力を兼ね備えた注目の講談師です。

 

 記念すべき第一回「ぎんざ木挽亭」では、第一部、第二部ともに、神田松之丞が出演。第一部の、師匠である松鯉との親子会では、「怪談乳房榎」(松鯉)と「芝居の喧嘩」(松之丞)を披露します。第二部では、主任である松之丞の講談と、ゲストの落語家、三遊亭遊雀の落語をお聞きいただけます。いずれも、寄席の高座とはひと味もふた味も違う歌舞伎座ギャラリーでの特別な体験、どうぞふるってお申込みください。

 

*TOKYO KOBIKI LABとは

 「TOKYO KOBIKI LAB(トウキョウ コビキ ラボ)」は歌舞伎に限らず「日本文化全般を幅広く発信する」新プロジェクトです。その第一弾として歌舞伎座ギャラリーでこの度、第一回「ぎんざ木挽亭」を開催します。 今後、幅広い世代の方にお楽しみいただけるよう、古典芸能から現代のポップカルチャーまで、古今を問わず多様な企画を打ち出していく予定です。詳細は決まり次第紹介していきますので、今後にご期待ください。

 

━━━━━━━━━━━━━

第一回「ぎんざ木挽亭」

by TOKYO KOBIKI LAB

━━━━━━━━━━━━━

ぎんざ木挽亭 第一部 「寄席演芸で聞く芝居のハナシ」

第1回 神田松鯉・神田松之丞親子会

松鯉「怪談乳房榎」
松之丞「芝居の喧嘩」 ほか一席

出演:神田松鯉 神田松之丞

 

ぎんざ木挽亭 第二部 「神田松之丞の会」 

Vol.1 芝居にまつわる怪談と滑稽噺

松之丞「小幡小平次」 ほか一席
遊雀「らくだ」

出演:神田松之丞(主任) 三遊亭遊雀(ゲスト)

 

 

日時

2018年8月17日(金)

第一部 19:00開演(18:45開場) ※公演時間は約90分を予定

第二部 21:15開演(21:00開場) ※公演時間は約120分を予定

 

場所

歌舞伎座ギャラリー

東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー5階

 

料金

第一部 前売り:3,300円/当日3,500円

第二部 前売り:3,300円/当日3,500円

※全席指定、料金はすべて税込

※前売り券完売の場合、当日券の販売はありませんので、ご注意ください。

※当日券販売がある場合、17:00~歌舞伎座ギャラリーで販売を予定しています。

 

2018年7月17日(火)10:00発売

 

チケットWeb松竹 チケットWeb松竹スマートフォンサイト

※チケットホン松竹でのお取扱いはありません。

 

お問い合わせ

松竹株式会社 TOKYO KOBIKI LAB事務局 03-5550-1962(平日9:30~18:00)

sh_engeki_kg_event@shochiku.co.jp

2018年07月13日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る