歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

[た] 匠 劇場・大道具・小道具の世界

平成 劇場獨案内

10月の御園座といえば「吉例顔見世興行」が恒例。今年は襲名披露もあって、さらに華やか。充実したお食事処や売店で過ごす幕間の楽しさも御園座の大きな魅力です。—2011.09.27

新橋演舞場を取材した後編。今回は、より魅力的な劇場空間を目指し、リニューアルを重ねてきた新橋演舞場の"今"をご紹介します。—2011.07.21

新橋演舞場を取材した後編。今回は、より魅力的な劇場空間を目指し、リニューアルを重ねてきた新橋演舞場の"今"をご紹介します。—2011.07.20

7月に大歌舞伎が上演される道頓堀の大阪松竹座。大正12年竣工の初代の建物は近代建築史上に残る名建築と言われ、道頓堀のシンボルとして親しまれていました。—2011.06.23

6月に大歌舞伎が上演される博多座を取材。福岡空港、JR博多駅から地下鉄で直通の中洲川端駅に直結。遠方からのアクセスも快適、大変恵まれた立地です。—2011.05.26

今回は、6月の『渋谷・コクーン 歌舞伎第十二弾 盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)』の後、7月から半年、改修のための長期の休業に入るBunkamuraのシアターコクーンを取材しました。—2011.04.28

国の重要文化財に指定された、現存する最古の芝居小屋旧金毘羅大芝居(金丸座)。歌舞伎界の春の風物詩「四国こんぴら歌舞伎大芝居」は4月9日(土)に初日を迎えます。—2011.04.04

歌舞伎発祥の地といわれる京の、四条河原付近に芝居街が誕生したのは元和年間(1615~1623年)。その元和以来の大変由緒ある劇場、南座の魅力をご紹介します。—2011.02.24

「新春浅草歌舞伎」が上演される浅草公会堂を取材しました。「新春浅草歌舞伎」はお正月の浅草の風物詩。浅草の人々の心意気に支えられ、育まれ、年を重ねてきました。—2010.12.24

今回は「十二月大歌舞伎」が上演される日生劇場。立地は皇居にほど近く、日比谷通りに面した一等地。著名な建築家である村野藤吾設計の建物は学術的にも貴重なものです。観劇の際にはぜひ劇場にもご注目ください。—2010.11.25

新連載の第1回は2010年10月、11月に大阪城西の丸庭園内に出現した仮設劇場、大阪平成中村座を取材。舞台後方を上演中に開けて大阪城や庭園の緑を借景とする演出が大きな話題を呼んでいます。—2010.10.26

ページの先頭へ戻る

歌舞伎のひらめき

歌舞伎座の劇場空間には、窓がありません。その真っ暗闇から、輝く芸を、歌舞伎らしく浮かび上がらせるのが照明なのです。—2009.03.10

女も、男も、鬢のほつれた姿にははっとさせられるものです。歌舞伎の舞台の乱れ髪。その秘密に、迫ります。—2009.02.10

観客の眼前で、全く違う姿に変化させる、華麗なるしかけ、引抜き。観る人すべてを釘付けにする、輝く一瞬に迫ります。—2009.01.09

幕が開き、大掛かりな舞台美術が現れると私たちの心は一気に歌舞伎の宇宙へとトリップします。歌舞伎座の舞台裏を拝見してきました。—2008.12.10

歌舞伎の舞台には、蝶が舞い、怪しげな人魂もゆらゆら現れる。それらを陰からあやつり、命を吹き込んでいるのが差金なのです。—2008.11.10

宙に浮く葛籠から、魔法のように現れ出る石川五右衛門。そうなることは分かっていてもいつも驚かされるのは、単なるしかけを越えた美学があるからなのです。—2008.10.10

ページの先頭へ戻る

歌舞伎を支える仕事

化粧をすませ、衣裳を纏い、かつらをつけた俳優たちが、役に入る〈最後の仕上げ〉=それが小道具。この連載も今回が最終回。その仕上げに、小道具の世界を探訪したい。—2008.04.10

第5回目は〈大道具〉の世界。絢爛な歌舞伎の舞台を彩る最も巨大な美術品=大道具の製作現場を紹介しよう—2008.03.07

歌舞伎の役とそれを演じる役者の体型に合わせて巧みに結い上げ、舞台へと送り出す床山。それはまさにカタチに残らない〈美術品〉なのだ。—2008.02.08

今回ご紹介するのは「かつら」の世界。艶やかな黒髪から、獅子のようなワイルドなかつら、それは繊細な手作業の積み重ねによって生みだされるのです。—2008.01.10

第2回目は、前回に引き続き衣裳編。タイトな時間のなか楽屋で行われる「着付け」とはどんなものなのでしょう?—2007.12.10

華やかな舞台を彩る「衣裳」の世界。オリジナルの生地を仕上げる工程から縫製まで、その技術に迫ります。—2007.11.09

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る