歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

[う]蘊蓄 歌舞伎うんちく

ようこそ!歌舞伎の国へ

歌詞だけでなく、振付の一部を写真付きで解説。亀治郎さん、悠介君とご一緒に、放送を見ながら皆さんも歌って踊ってみてください。—2010.11.09

—2010.10.27

—2010.09.27

—2010.08.27

—2010.07.27

—2010.06.27

—2010.05.27

—2010.04.27

ページの先頭へ戻る

歌舞伎 今日のことば・ことばで知る歌舞伎の世界

ページの先頭へ戻る

歌舞伎に学ぶ「安全」

恋しい人を思い患い、紫色の鉢巻を額の左に結び目を作って締め、だらりと垂らした安倍保名。—2007.03.19

江戸時代には迷子や人買いなどによって、よく子供が行方不明になりました。—2007.02.19

歌舞伎には今日の私達にも馴染み深い食べ物が登場する演目がかなりあります。—2007.01.22

真っ赤な炎が燃え盛る火事場に馳せ参じ、身の危険を顧みず、江戸の町を護った火消し達。—2006.12.18

その裁きの見事さから、庶民から親しまれ歌舞伎の演目にも登場する江戸の町奉行 大岡越前守忠相。—2006.11.22

意外に治安がよかった江戸の町。鼠小僧や弁天小僧、お嬢吉三など、歌舞伎には盗賊のヒーローがたくさんいます。—2006.10.16

ページの先頭へ戻る

歌舞伎座の「食」

歌舞伎愛好家、エッセイストとしてもお馴染みの元NHKアナウンサー山川静夫さんに、青春の思い出と歌舞伎座の「食」にまつわるお話を伺いました。—2010.04.18

今回は歌舞伎座の中の売店におじゃまして、お馴染みのおやつにまつわる、さまざまなお話を伺いました。今度歌舞伎座で観劇する時に役にたつ情報もお伝えいたします。—2010.03.18

歌舞伎座の「食」をめぐるシリーズの4回目となる今月は、歌舞伎、そして観劇に切っても切れない"縁(えん)"のあるそばのお話です。—2010.02.17

おしゃれをして早朝から出かける一日がかりの芝居見物は、大名から庶民までが楽しむ究極の娯楽。幕間時間もたっぷりあったので、その間に味わう食事の楽しみは格別だったようです。—2010.01.19

さよなら公演で賑わう歌舞伎座。その厨房にお邪魔し、どのように料理を作り、最も良いタイミングで提供しているか、などを取材しました。—2009.12.16

長い歌舞伎座の歴史の中で見れば、ほんの一時期の風景ではありますが、歌舞伎座の「食」どころにまつわる思い出を少しだけ、たどってみることにいたします。—2009.11.16

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る