歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

歌舞伎 今日のことば・ことばで知る歌舞伎の世界



切口上

きりこうじょう

 ちょっと形式ばった、かたくるしいしい言い方をしたときに「切口上」という言葉が使われます。

 元来は歌舞伎で一日のお芝居の最後に頭取が裃(かみしも)姿で現れて、「まず今日(こんにち)はこれぎり」と述べた口上のこと。この様子がいかにも型にはまった言い方で、しかもいかめしく感じられたことから、これが日常語として定着したようです。

 今でも、立ち回りの場面で終わる時には途中で芝居を止め、出演者が舞台正面に並んで口上を述べて幕になることがあります。これも切口上のひとつです。(K)



解説

歌舞伎 今日のことば・ことばで知る歌舞伎の世界

ページの先頭へ戻る