歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

歌舞伎 今日のことば・ことばで知る歌舞伎の世界



屋号

やごう

 一般的にはお店の名前のことですが、歌舞伎俳優にも「○○屋」という屋号がついています。
 江戸時代の役者が商人にならって屋号を使うようになったのが始まりといわれていますが、今ではスター性を象徴する称号であり敬称ともなっています。

 由来は様々ですが、市川團十郎家の「成田屋」は初代が成田不動の信仰に厚かったからというのは有名なお話で、そのほか出身地やひいき筋に由来するものなどいろいろと考案されています。また上方歌舞伎の初代坂田藤十郎が活躍した時代には屋号がなかったため、先頃の襲名を機に藤十郎の出身地・京都に因み「山城屋」と名付けられました。

 屋号は日常の楽屋内でも、俳優さんを呼ぶのに「○○屋さん」などとよく使われます。(K)



解説

歌舞伎 今日のことば・ことばで知る歌舞伎の世界

ページの先頭へ戻る