歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

歌舞伎 今日のことば・ことばで知る歌舞伎の世界



落窪物語

おちくぼものがたり

 『落窪物語』は、宇野信夫作『おちくぼ物語』の基になった物語で、平安期に書かれたといわれています。作者は不詳。

 継母にいじめられるおちくぼの姫が、かしこい侍女夫婦の働きで貴公子に出会うシンデレラ・ストーリーです。

 お芝居では大体、原作前半までのお話になっていますが、原作の後半では姫の夫となった少将が、その人望と地位をフルに活用して、継母とその娘たちに仕返しを仕掛けます。継母が、少将の嫁候補にしようと思っていた彼女の実の娘に、わざとさえない男を紹介したり、おちくぼの姫が母宮から譲られたはずの邸宅を継母一家がきれいに改築していざ引っ越そうとなったときに、おちくぼの姫ともども先に引っ越してしまったり...。

 やられた分だけはやりかえす、という庶民の願望でしょうか。(み)



解説

歌舞伎 今日のことば・ことばで知る歌舞伎の世界

ページの先頭へ戻る