歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

歌舞伎 今日のことば・ことばで知る歌舞伎の世界



揚幕

あげまく

 花道の突き当たり、及び舞台上手の出入口に掛けてある幕。紺または黒の幕に劇場の紋や松竹の紋が白く染め抜かれています。

 俳優の出や引っ込みの時に「チャリン」という音を響かせて独特の雰囲気と間(ま)を作りますが、その幕を引く強さや速さ、音の大小などは、演目や登場人物の役柄、また俳優個々の注文によって違い、お芝居の演出にも大いに関わっています。

 ちなみに花道の揚幕の奥の小部屋は「鳥屋(とや)」といいます。(K)



解説

歌舞伎 今日のことば・ことばで知る歌舞伎の世界

ページの先頭へ戻る