歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと


 鮮やかな金糸銀糸の瓢箪(ひょうたん)の刺繍が施された裃に小袖…。 上の美しい衣裳をまとう人物は『金閣寺』の“此下東吉(このしたとうきち)実は真柴久吉(ましばひさよし)”です。 この東吉(羽柴秀吉、のちの豊臣秀吉のこと)の裃には、実際の秀吉の家紋として知られている五三桐(ごさんのきり)もついています。

 衣裳、背景や小道具、そしてストーリーなど、歌舞伎の舞台に込められた「こころ」「美意識」を探る連載の第4回。今回は登場人物の背景を雄弁に物語る文様についてお話しします。

文/飯塚美砂((財)松竹大谷図書館)
写真/松竹(株)
衣裳写真提供/松竹衣裳(株)
構成/栄木恵子(編集部)
隠された姿を表す紋
 
文様で主張する
 
故事からうまれたブランドマーク
 
スクラッチタイルと浮世絵「大橋あたけの夕立」の共通点
1 2 3 4 5 次のページへ

こころを映す、歌舞伎の舞台

今回が最終回。現代に生きる私たちにも大変親しみのある格子柄についてのお話です。—2010.09.22

歌舞伎の舞台に込められた「こころ」「美意識」を探る連載の第5回。今回は雨や雲、雷、そして陽炎など、日本の豊かな四季を彩る気象文様についてお話しします。 —2010.08.20

圧倒的な豪華さ、美しさを誇る『助六』の揚巻と『籠釣瓶(かごつるべ)』の八ツ橋。今回は、この2人の傾城(けいせい)がまとう打掛に描かれている「火焔太鼓(かえんだいこ)」のお話です。—2010.06.24

晴れた日の朝、草の上に降りた小さくてまあるい水の玉の"露"。今回は、このすぐ消えてしまいそうな、はかなさが漂う露と細い芝草の葉を意匠化した「露芝(つゆしば)」のお話です。—2010.05.24

衣裳、背景や小道具、そしてストーリーなど、歌舞伎の舞台に込められた「こころ」「美意識」を探る連載が始まりました。—2010.04.22

ページの先頭へ戻る