歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

歌舞伎いろは

【歌舞伎いろは】は歌舞伎の世界、「和」の世界を楽しむ「歌舞伎美人」の連載、読み物コンテンツのページです。「俳優、著名人の言葉」「歌舞伎衣裳、かつらの美」「劇場、小道具、大道具の世界」「問題に挑戦」など、さまざまな分野の読み物が掲載されています。



写真/山本聡子、文・構成/栄木恵子(編集部)

 『平成 劇場獨(ひとり)案内』は、歌舞伎が上演される劇場をご紹介する連載です。今回は、6月に大歌舞伎が上演される博多座を取材しました。

博多座は、歌舞伎が本格的にできる劇場であることが大前提で計画された劇場です。開場は平成11年6月。こけら落とし公演は、もちろん大歌舞伎。開場以来、博多座では2月(※)と6月は歌舞伎が定番の公演となっています。

※平成21年の歌舞伎公演については、2月ではなく10月に「博多座開場10周年記念 錦秋花形歌舞伎」が上演されました。
歌舞伎を上演できることが大前提で建築
 
劇場のそこかしこで感じられるゆとり
 
美味しいものと芸術作品…。幕間の楽しみ方
 
優しさと思いやりにあふれた劇場建物
 
1 2 3 4 5 次のページへ

平成 劇場獨案内

10月の御園座といえば「吉例顔見世興行」が恒例。今年は襲名披露もあって、さらに華やか。充実したお食事処や売店で過ごす幕間の楽しさも御園座の大きな魅力です。—2011.09.27

新橋演舞場を取材した後編。今回は、より魅力的な劇場空間を目指し、リニューアルを重ねてきた新橋演舞場の"今"をご紹介します。—2011.07.21

新橋演舞場を取材した後編。今回は、より魅力的な劇場空間を目指し、リニューアルを重ねてきた新橋演舞場の"今"をご紹介します。—2011.07.20

7月に大歌舞伎が上演される道頓堀の大阪松竹座。大正12年竣工の初代の建物は近代建築史上に残る名建築と言われ、道頓堀のシンボルとして親しまれていました。—2011.06.23

今回は、6月の『渋谷・コクーン 歌舞伎第十二弾 盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)』の後、7月から半年、改修のための長期の休業に入るBunkamuraのシアターコクーンを取材しました。—2011.04.28

国の重要文化財に指定された、現存する最古の芝居小屋旧金毘羅大芝居(金丸座)。歌舞伎界の春の風物詩「四国こんぴら歌舞伎大芝居」は4月9日(土)に初日を迎えます。—2011.04.04

歌舞伎発祥の地といわれる京の、四条河原付近に芝居街が誕生したのは元和年間(1615~1623年)。その元和以来の大変由緒ある劇場、南座の魅力をご紹介します。—2011.02.24

「新春浅草歌舞伎」が上演される浅草公会堂を取材しました。「新春浅草歌舞伎」はお正月の浅草の風物詩。浅草の人々の心意気に支えられ、育まれ、年を重ねてきました。—2010.12.24

今回は「十二月大歌舞伎」が上演される日生劇場。立地は皇居にほど近く、日比谷通りに面した一等地。著名な建築家である村野藤吾設計の建物は学術的にも貴重なものです。観劇の際にはぜひ劇場にもご注目ください。—2010.11.25

新連載の第1回は2010年10月、11月に大阪城西の丸庭園内に出現した仮設劇場、大阪平成中村座を取材。舞台後方を上演中に開けて大阪城や庭園の緑を借景とする演出が大きな話題を呼んでいます。—2010.10.26

ページの先頭へ戻る