歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

歌舞伎いろは

【歌舞伎いろは】は歌舞伎の世界、「和」の世界を楽しむ「歌舞伎美人」の連載、読み物コンテンツのページです。「俳優、著名人の言葉」「歌舞伎衣裳、かつらの美」「劇場、小道具、大道具の世界」「問題に挑戦」など、さまざまな分野の読み物が掲載されています。



こども歌舞伎スクール寺子屋 特別企画 歌舞伎、たのしい!

第一回

中村 梅丸

部屋子として歌舞伎の世界に飛び込んだ若き俳優たちのインタビューを5回にわたってお届け。第一回は、可憐な姫役から立役まで活躍の目覚ましい中村梅丸さんです。

部屋子(へやご)とは?小さいうちから歌舞伎俳優のもとで、芸だけでなく楽屋での行儀など、必要なことを教えてもらう立場の俳優です。実際には、一般の家のお子さんが子役で活躍し、将来が期待されて部屋子となる例がほとんどで、大きくなってから芸養子や養子に迎えられることもあります。

インタビュー・文/松竹こども歌舞伎スクール「寺子屋」事務局
写真/松竹写真室 プライベート写真/ご本人提供 構成/歌舞伎美人編集部

中村 梅丸

演舞場ロビーの“まめ与三郎”

お稽古場は歌舞伎座の真裏、通うだけでもうれしかった!

 両親ともに本の編集の仕事をしている普通の家庭に生まれました。母が歌舞伎好きで、よくテレビの歌舞伎中継を一緒に見ていたらしく、初めて歌舞伎座に連れて行ってもらったのは2歳のときでした。それからどんどん歌舞伎にはまり、毎月届く松竹歌舞伎会の会報誌「ほうおう」を真っ先に開封して、読み込んで演目のあらすじを覚えてしまうような子になりました。

 特に大好きだったのが十一世市川團十郎さんの『切られ与三郎』の白黒の古い映像で、繰り返し繰り返し見るうち、自然と舞台に立つことに興味を持つようになり、親にも「歌舞伎をやりたい」と言っていました。

 小学校一年生のころ、新橋演舞場の「東をどり」を見に行き、まき手拭いをいただいたので、幕間に演舞場のロビーで、大好きな与三郎の真似をしていたんです。そう、腕組みしながらお富の家の外で石をけったりして…。すると、80歳くらいのおば様が「あら与三郎じゃないの」と声をかけてくださり、「頬かむりはこうするのよ」と優しく教えてくださいました。おば様は花柳福邑さんという踊りのお師匠さん、これをご縁に日本舞踊のお稽古を始めました。

怖いもの知らず、うきうきだった初舞台

小さな黒衣をつくっていただきました。夢の世界でお仕事中(?)の一枚

 日本舞踊のお稽古に通っているうちに、お師匠さんが歌舞伎座の関係者の方とお話する機会があり、間をとりもっていただいて旦那(梅玉)にご挨拶させていただきました。ご縁がつながったこと、本当にありがたいことだと思っています。

 見習い期間中は、旦那のお手伝い(おじゃま虫?)として楽屋に通い、岡持ちを持って旦那のあとをついて回っていました。歌舞伎座の舞台裏はまさに夢の世界。憧れの俳優さんが目の前を歩いていらっしゃるし、客席からは知ることのできない揚幕の奥、舞台袖、奈落…、兄弟子の案内ですみからすみまで教えていただき、もううれしくてうれしくて。あるとき旦那が、花道の出の前に「この先が花道だよ」と丁寧に教えてくださったのに、「知っています!」と答えてしまったことをよく覚えています。

 そしていよいよ初舞台。『御ひいき勧進帳』(平成17年1月国立劇場)富樫の小姓は、緊張よりもただただ楽しくて、嬉々としてやっていました。怖いもの知らずでした。この舞台の後、歌舞伎に必要な稽古事をさせていただくようになりました。

太刀持には特別な思いが。 そして、まさかの・・・

梅丸を名のって部屋子披露。平成18年4月歌舞伎座『関八州繋馬』里の子竹吉 「機会があれば、ぜひもう一度」。平成24年6月博多座『馬盥』桔梗

 梅丸のお名前をいただき、ありがたいことにいろいろなお役を頂戴しました。「太刀持」は『勧進帳』『茨木』『土蜘』と、たびたび勤めさせていただいています。太刀持はきちんとした姿でじっとしていないとならないのですが、かといってお芝居から浮いてしまってはいけない。旦那や先輩方からのアドバイスを心に、「太刀持は任せてください!」という気合で誇りをもって勤めております。

 印象に残っているお役は、抜擢いただいた『日本振袖始』の稲田姫(平成23年11月国立劇場)や、『傾城反魂香』の修理之助(平成26年7月国立劇場)。毎日緊張して勤めました。『時今也桔梗旗揚(ときはいまききょうのはたあげ)』「馬盥(ばだらい)」(平成24年6月博多座)の桔梗は、松嶋屋の旦那にお声をかけていただき、私はもちろん、旦那もびっくりしたお役。普段は穏やかな旦那も、そのときばかりは厳しく、具体的なご指摘ではなく「何か違うなあ」とおっしゃる。考えさせられる厳しいご指導でした。

 教えてくださった魁春旦那が千穐楽の日に、「今回はここまで。でも次にやるときはもっと気を付けなければいけないよ」と、細かいご注意を書いた台本をくださいました。宝物です。

歌舞伎座の舞台にふさわしい、大きな役者に

 立役、女方どちらもに憧れるお役があり、将来はどちらも勤められる俳優になりたいです。やはり旦那がなさっているお役には憧れがあります。特に好きなのは源義経。 『熊谷陣屋』『勧進帳』など、高貴で、雰囲気があってとても素敵です。女方では、魁春旦那や大旦那(六世歌右衛門)がなさったようなお役。まだまだ未熟なのでその時々にいただけるお役を勤め、階段を上っていければと思います。

 旦那からは常々「歌舞伎座の舞台にふさわしい、ふわっと大きな存在感のある役者にならなければいけないよ」と、大旦那からの教えを言われています。小さくまとまったり、周りが見えなくならないよう、舞台に立つときは常に心がけており、また、目指すところとなっています。

 実は今日のお着物、大旦那のお下がりなんです。あやかれるようにと旦那が仕立て直してくださったんです。

一問一答!

梅丸さんの素顔

現在高校三年生、学校に通いながら舞台を勤める梅丸さん。「歌舞伎界では、同世代の坊っちゃん方と仲よくさせていただき、新年会や誕生日会にも呼んでいただいて、情報交換や芝居の話に花を咲かせています」とのこと。
学校生活やプライベートのお話をてら子、やー坊が聞いてきました!

やー坊
今ハマっているものは?
さくらももこさんの漫画『コジコジ』
「癒されています! 友人が(SNSの)LINEのアイコン写真にしていたのがきっかけで、見てみたらハマってしまいました」
てら子
学校で好きな教科は?
国語、歴史
「バリバリの文系で、
数学はちょっと…(笑)」
やー坊
部活動はしていますか?
硬式テニス部
「クラスでは楽しくワイワイやっています。…モテるかですか? 聞かないでください、皆に何言われるかわからないので(苦笑)」
てら子
得意なこと、苦手なことは?
得意は、どこでも寝られること。苦手なのは虫。
「特に夏場に出てくる“黒い彼”が…(名前も口に出したくないご様子)。染五郎若旦那もお嫌いなんです」
やー坊
どんなお子さんでしたか?
とにかく生意気
「入門後も一門の皆さんにご迷惑をかけました…。えっ、今もそうですか、…すみません。あと、電車が好きで(話題を変えました)、家の近くにあった電車の車両基地によく出かけていました」
誕生日祝いに連れて行ってもらった京都旅行。このとき初めて南座の前を通り、この年の顔見世(平成19年)で南座初出演がかないました!
てら子
歌舞伎以外で好きな舞台芸術は?
タカラヅカ
「もともと姉が好きで、今は壱太郎坊っちゃんに誘っていただき、よく一緒に見に行きます。『新版 天守物語』(平成26年4月フェスティバルホール/オーチャードホール)で(元宝塚歌劇団の)大空祐飛さんと共演できたのはうれしかったです」

梅丸さんからのメッセージ


歌舞伎が好きな皆さんへ

「僕は歌舞伎俳優になる!」
歌舞伎が好きで、歌舞伎俳優に本当になりたいと思ったとき、「厳しい世界だ」「大変だ」など、周りからいろいろなことを言われました。
それでも僕は「歌舞伎俳優になる!」と思い込んで疑わず、突き進んだことが、こうして今につながっていると思います。
僕のように歌舞伎が大好きで俳優を目指している皆さん、ぜひ強い熱意をもって一緒に頑張りましょう!

中村梅丸

なかむら うめまる
高砂屋。中村梅玉の部屋子。平成8年9月12日生まれ。
17年1月国立劇場『御ひいき勧進帳』富樫の小姓で子役として本名で出演。
18年4月歌舞伎座『沓手鳥孤城落月』(ほととぎすこじょうのらくげつ)小姓神矢新吾、『関八州繋馬』(かんはっしゅうつなぎうま)里の子竹吉で中村梅丸を名のり部屋子披露。

こども歌舞伎スクール寺子屋 特別企画「歌舞伎、たのしい!」
第二回は、松本錦成さん。11月27日(木)掲載予定です。

  • 第二回 松本 錦成
  • 第三回 市川 福太郎
  • 第四回 上村 吉太朗
  • 第五回 中村 鶴松
歌舞伎アカデミー こども歌舞伎スクール 寺子屋

こども歌舞伎スクール寺子屋

部屋子として歌舞伎の世界に飛び込んだ若き俳優たちのインタビュー。最終回の第五回は、勘九郎さん、七之助さんに教えを受けながら、中村屋一門として舞台を勤める、中村鶴松さんです。—2014.12.18

部屋子として歌舞伎の世界に飛び込んだ若き俳優たちのインタビュー。第四回は、片岡我當さんの部屋子となり、一門の上村吉弥さんのもとで修業を積む上村吉太朗さんです。—2014.12.11

部屋子として歌舞伎の世界に飛び込んだ若き俳優たちのインタビュー。第三回は、小学一年生から1年の半分は歌舞伎に出演、成田屋の部屋子となった市川福太郎さんです。—2014.12.04

部屋子として歌舞伎の世界に飛び込んだ若き俳優たちのインタビュー。第二回は、高麗屋一門で修行を積む松本錦成さんです。—2014.11.27

ページの先頭へ戻る