ホーム > 公演情報 > 京都四條南座 > 京都四條南座について

京都四條南座について

南座について
 
南座 明治時代の南座

明治時代の南座

大正時代の南座

大正時代の南座

 

明治39年(1906年)白井松次郎、大谷竹次郎兄弟の松竹合名社が経営に当たる。そして大正2年に改築。さらに昭和4年、由緒ある櫓を備えた桃山風破風造りの豪華な劇場を竣工させ、以来激動の昭和期を通し京阪の代表劇場として多様な演目を取り上げた。取り分け京の年中行事となった歳末の吉例顔見世興行は戦中も一度も絶えることなく続けられた。

平成3年松竹株式会社会長永山武臣により、京都の街の景観にとけこんだ外観はそのままに内部を全面改修し、最新設備の近代劇場として改築され、11月新装開場記念吉例顔見世興行によって新時代の幕を開いた。

  昭和時代の南座

昭和時代の南座

[PR]

歌舞伎座オフィシャル・パートナー

歌舞伎いろは新着記事

flashcontent

歌舞伎座オフィシャル・パートナー

歌舞伎座オフィシャル・サポーター