ニュース

國矢「八月南座超歌舞伎」に向けての思い

國矢「八月南座超歌舞伎」に向けての思い

 8月2日(金)から南座で始まる、「八月南座超歌舞伎」について、リミテッドバージョンで主役である佐藤四郎兵衛忠信を勤める澤村國矢が語りました。

――幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議」会場内で行われてきた「超歌舞伎」には、平成28年の第1回から毎回出演してこられました。

 最初はお客様の反応がわからず、お客様もどんなふうに舞台を観ていいのかわからない、お互い探り探りの状態でしたけれど、ネット(舞台が生放送されるニコニコ動画)でご覧になっている方たちの情報の共有力には驚きました。「(『今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)』の)青龍の精を演じている人には、なんと声をかければいいの?」という書き込みがあり、それをご覧になった歌舞伎にお詳しい方が「紀伊国屋です」とコメントしてくださってからは、多くの方が「紀伊国屋!」と書き込んでくださるようになったんです。本当に新感覚でした。第1回の2日目には、(主演の)中村獅童さんが口上で私の屋号も紹介してくださったことで、会場のお客様もいっせいに声をかけてくださって。大向こうのきっかけを歌舞伎好きのお客様と情報共有したりして、吸収されるスピードがすごく速い。自分たちも歌舞伎を楽しもうと、わからないことは調べてくださるので、毎年進化し、年々盛り上がってきています。

 

――バーチャルシンガーの初音ミクさんとの共演には、どのような印象をお持ちですか。

國矢「八月南座超歌舞伎」に向けての思い

 初音ミクさんを生で見させていただいて、声や動き、たたずまいが、おきれいだなと思いました。大変魅力のある方で、皆さんが「萌える」のもわかります。そのミクさんとのせりふのやりとりが「超歌舞伎」の1番難しいところ。みどころのひとつであり、楽しみにされている方が多い場面ですので、違和感なくできるように懸命に勤めています。

 

 今年4月、幕張メッセで『今昔饗宴千本桜』の脚本、演出を一新して再演した際、「ミクさん、そろそろせりふを言い始めるかな」ということを考えずに、空気感といいますか、芝居の雰囲気で自然にやりとりができたことには、自分でも驚きました。間合いが読めたような、不思議な感覚があったんです。これは、自分だけでなく、周りのスタッフの方も回数を重ねてきたからこそだと思います。8月の南座での1カ月では、毎日変化を感じられるのではないかという気がしています。

 

――第1回、第4回の「超歌舞伎」に続き、今回も本公演の『今昔饗宴千本桜』では青龍の精を演じられます。

 「超歌舞伎」では敵役に専念し、獅童さんに対して、いかに敵役としての大きさを出しながらぶつかっていけるかを、念頭において演じてきました。青龍の精については、復習しながら、さらに頑張っていければと思っています。「超歌舞伎」に足を運んでくださるお客様は、敵役が結構お好きだと聞きましたが、絶対的な強さをもつ敵役に魅力を感じてくださっていることが、とても意外でした。青龍の精に対して、大勢のお客様から大向こうをかけていただきましたし、第2回に僕が出演するのを待ってくださっていた状況があったのが、大変うれしかったですね。

 

――そして、リミテッドバージョンでは主演の佐藤四郎兵衛忠信という大役に挑戦されます。

國矢「八月南座超歌舞伎」に向けての思い

 南座という歴史ある劇場で主演をさせていただけるとは、夢にも思っていなかったことですから、とにかくうれしいですね。佐藤四郎兵衛忠信は芝居のすべてを受け止め、引っ張っていく立場。そういう立ち位置を自分がきっちりと会得していければと思っています。主演を勤めてこられた獅童さんのように、お客様を盛り上げていくことが僕にできるのだろうかという不安は正直ありますし、従来の歌舞伎で大役を演じさせていただくのとは少し違った感覚もいだいています。ですが、せっかくの大きな機会をいただきましたので、成功させて、必ず期待に応えなければならないと思っております。

 

――最後に、「超歌舞伎」での今後の夢を聞かせていただけますか。

 僕のなかでは、古典的な型を大事に、毎回役を勤めさせていただいています。初音ミクさんは、日本はもちろん、海外でも非常に人気の高い方ですので、「超歌舞伎」を通して、世界の方々に歌舞伎をもっとアピールできれば。海外に歌舞伎を紹介していく場としての「超歌舞伎」になっていければいいなと思っております。

 南座新開場記念 「八月南座超歌舞伎」は8月2日(金)から26日(月)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットホン松竹で販売中です。

2019/07/08