美扇礼賛



観世骨金地雪持蔦

観世骨金地雪持蔦

 浮気者の夫と、嫉妬に悩まされる妻のユーモラスなやりとりを描いた松羽目物の名作『身替座禅』で、夫の山蔭右京が用いる扇です。
 この扇は、能の観世流の鎮扇に近い形をしており、親骨に彫をほどこした観世骨が使われています。一般的に歌舞伎で用いる扇は、能のそれよりも若干サイズが小さめに作られています。また、右京の扇の図案は、必ず雪持蔦と決まっているそうです。

演目:身替座禅
タイプ:舞扇
memo:『身替座禅』で用いる扇は、他に金銀黒骨女扇(玉の井)、群青筋扇(太郎冠者)など。

文・田村民子 / 写真・諸角潤 / 協力・藤浪小道具株式会社