美扇礼賛



黒骨金地桜

黒骨金地桜

 満開の桜に、川を想起させる観世水の文様。紅入りですから、この扇を持つのは若い女性の役でしょう。さあ、この図案からどんな演目を連想しますか。
 これは『京鹿子娘道成寺』を豊後節風の節付で作曲した『豊後道成寺』で用いる扇。舞踊では、数種の持道具を用いることが多いのですが、この曲では扇ひとつで舞い通します。音楽は、清元が受け持ちます。

演目:豊後道成寺
タイプ:舞扇
memo:扇の骨は、黒塗り。艶をつける場合もあるが、この扇は艶なしで仕上げられている。

文・田村民子 / 写真・諸角潤 / 協力・藤浪小道具株式会社