歌舞伎いろは

【歌舞伎いろは】は歌舞伎の世界、「和」の世界を楽しむ「歌舞伎美人」の連載、読み物コンテンツのページです。「俳優、著名人の言葉」「歌舞伎衣裳、かつらの美」「劇場、小道具、大道具の世界」「問題に挑戦」など、さまざまな分野の読み物が掲載されています。



歌舞伎繚乱
ともだちなのにおいしそう? ぷるぷるぷる!新作歌舞伎『あらしのよるに』――後編 京の舞台に起こった予想外のドラマ――
見ているうちに動物たちの世界に入り込んでしまう、ヤギの動きが愛くるしい、オオカミも怖いけど面白い…。予想もつかなかった舞台は、開けてみれば思いもよらないドラマの連続!みい姫とたぷ、梅枝さんと萬太郎さん兄弟が『あらしのよるに』について話します。
前編はこちら
京都四條南座「九月花形歌舞伎」

インタビュー・文:矢口由紀子 絵:あべ弘士 写真:松竹株式会社 構成:歌舞伎美人編集部

中村梅枝

中村梅枝
(なかむら ばいし)

中村梅枝

萬屋
昭和62年11月22日生まれ。中村時蔵の長男。
平成3年6月歌舞伎座『人情裏長屋』鶴之助で初お目見得。6年6月歌舞伎座『幡随長兵衛』の倅長松、『道行旅路の嫁入』旅の若者で四代目中村梅枝を名のり初舞台。

中村萬太郎

中村萬太郎
(なかむら まんたろう)

中村萬太郎

萬屋
平成元年5月12日生まれ。中村時蔵の二男。
6年6月歌舞伎座『道行旅路の嫁入』旅の若者で初代中村萬太郎を名のり初舞台。

みい姫(梅枝)は、たぷ(萬太郎)とはく(竹松)を伴って登場。
がぶ(獅童)、めい(松也)、真っ暗な“あらしのよるに”出会います。
ぎろ(月乃助)がみい姫を折檻! 『金閣寺』の雪姫のようなみい姫。

 梅枝さんと萬太郎さんにお話をうかがおうと南座にやってきました。初日が開いて間もなくのこの日、先ほどまでの客席の喝采の余韻が残る中、インタビューがスタートしました。

 ――客席の様子は舞台の上でもおわかりになりましたか。

梅 枝: はい。僕が出る場面は暗いことが多いので、客席はあまり見えないのですが、それでもお客様の反応はよくわかります。

萬太郎: お客様の反応がすごくて、ちょっとびっくりしているくらいです。

 ――そもそも、『あらしのよるに』という絵本はご存じでしたか。

萬太郎: 僕は、映画版のCMを見て知りました。出演が決まってから、読ませてもいただきました。

梅 枝: 僕は知りませんでした。

萬太郎: 兄は何事も、先入観を持ちたくないタイプだから。それでいて、質問はするんですよ。自分が演じるのはどんなキャラクターなのかとか、大筋、どんな話なのかとか。

梅 枝: それで少し心配になったのは、今回の芝居ではオオカミは敵役に設定されているんです。でも原作では善悪に色分けされていない。歌舞伎は勧善懲悪のほうが盛り上がるのでそれでいいのだと思いますが、原作を知る方がご覧になったらどうお感じになるのかと。初日が開くまではちょっと不安でした。

萬太郎: ありがたいことにまったくの杞憂でしたが。歌舞伎をよくご覧になる方からは「やっぱり歌舞伎だね」と言っていただきましたし、初めてご覧になる方には「歌舞伎ってこういうものなんだ」と。どちらもシンプルに楽しんでくださっているようで、うれしいです。

 ――梅枝さんはみい姫というヤギのお姫様役。萬太郎さんは、みい姫と松也さん演じるめいと兄弟のように育ったヤギのたぷを演じていらっしゃいます。お二人は菊五郎劇団の復活狂言などで、これまでにも芝居をつくる経験がたくさんおありですが、今回、これまでと違う点はありましたか。

萬太郎: 僕はけっこう大変でした。ご宗家(演出の藤間勘十郎)の頭の中では全部でき上がっていらしたんだと思いますが、稽古初日から台本が変わっていったので、たぷという役の着地点がなかなかつかめなかったんです。それと、劇団だと大先輩がたくさんいらっしゃいますから、それについていけばいいんですが、今回は自分でつくっていかなければならない部分が多かったので、大変ではありました。その分、楽しかったんですけれどね。

梅 枝: ヤギは皆、つかむまでに時間がかかったかもしれないですね。オオカミは見た目がまさにオオカミ。それに比べるとヤギは見た目の印象が薄いですから。ことに僕は「古典のお姫様で」というご指示だったので、少し戸惑いました。芝居の仕方もビジュアルも、自分だけ完全に毛色が違いますから、初日が開いてからも「お客様に自分もヤギだとわかってもらえているかな」という不安がよぎることはありました。

1 2 次のページへ

歌舞伎繚乱

大阪松竹座「三喬 改メ 七代目笑福亭松喬 襲名披露公演」で、江戸時代から続く上方落語の名跡、笑福亭松喬が七代目として復活します。師からその名を継ぐのは笑福亭三喬。1年にわたる襲名披露興行の第一歩を10月8日(日)、大阪松竹座で踏み出します。—2017.08.14

始まりは47年前、玉三郎さんの舞台を撮影したこと。以来、俳優の刹那を撮り続けてきた篠山さんの作品が408ページの写真集になりました。掲載されているのは、総勢53人もの歌舞伎俳優の姿。篠山さんだからこそ撮れる、迫力の写真の秘密とは。—2017.07.31

歌舞伎座ギャラリーの舞台は、第四期歌舞伎座の舞台で使われていた檜板。歌舞伎がたっぷりしみ込んだその場所で、2015年9月、第一回 歌舞伎座ギャラリー演奏会が始まりました。1年が過ぎた今、出演の三人が語ります。後篇も公開!—2016.11.17

歌舞伎座ギャラリーの舞台は、第四期歌舞伎座の舞台で使われていた檜板。歌舞伎がたっぷりしみ込んだその場所で、2015年9月、第一回 歌舞伎座ギャラリー演奏会が始まりました。1年が過ぎた今、出演の三人が語ります。—2016.11.14

ついに幕を開けた歌舞伎座の新作歌舞伎『幻想神空海』。新しいものをつくり上げるため、開幕ぎりぎりまで力を注いできた過程とともに、歌舞伎座の舞台に広がった唐の世界、妖しの世界をご堪能ください。—2016.04.02

新しい歌舞伎座に4本目の新作歌舞伎が登場! 夢枕獏の原作をもとに新たに書き下ろされた新作歌舞伎『幻想神空海』の魅力に迫るスペシャルコンテンツ。舞台が開くまでの表も裏も、そして稽古場の様子もたっぷりお見せします!!—2016.04.01

ベストセラー絵本が歌舞伎に!?いったいどんな舞台になるのか、期待はふくらむばかり。始まったばかりの稽古場で、オオカミのがぶ役、獅童さんにずばり!聞いてみました。—2015.09.02

歴史ある南座で、歌舞伎新世代の花形公演の幕が開きました。前回、熱い思いを語ってくれた尾上右近、中村種之助、中村米吉、中村隼人の四人が、舞台に立っての新たな思いを語ります。—2015.03.13

2015年、歌舞伎の新世代が今度は京都で花開きます!これから、ではなくて、「今」を見ていただきたいと、若手花形四人が語ります。—2015.02.18

ページの先頭へ戻る