歌舞伎いろは

【歌舞伎いろは】は歌舞伎の世界、「和」の世界を楽しむ「歌舞伎美人」の連載、読み物コンテンツのページです。「俳優、著名人の言葉」「歌舞伎衣裳、かつらの美」「劇場、小道具、大道具の世界」「問題に挑戦」など、さまざまな分野の読み物が掲載されています。



富樫佳織の感客道

   

現代に生き、古典にひたる恍惚

 小島聖さんは古典の名作と言われる舞台にも精力的に挑んでいます。ロシアの文豪サルティコフ・シチェドリンが書いた「ゴロヴリョフ家の人々」、フランスの作家ジャン・アヌイがジャンヌ・ダルクの生涯を書いた「ひばり」、チェーホフ4大戯曲のひとつに数えられる「かもめ」、シェイクスピア…。100年以上前に書かれた芝居を演じることを通して見つけた、古典作品の魅力とは-

小島 「古典は難しいと思われがちですし、実際に私も舞台のお話をいただくと『理解できるかな…』とドキドキしてしまうのですが、実際に演技を通して作品の世界に入ると、本のよさ、お話の面白さをひしひしと感じます」

富樫 「100年以上前の人物を演じて、終わったら現代の自分に戻ることを日々繰り返す違和感とかは…」

小島 「感じないですね(笑)。古典を演じて強く思うのは、ひとの気持ちって、どの時代も一緒だということなんです。演出家の方や他の俳優さんと一緒に“難しい”と思われる作品をどう作っていくかにも醍醐味があります」

富樫 「台詞も現代の口語とは随分違いますよね。美しい言葉が古典の魅力のひとつですが、そこに感情をのせる難しさは?」

小島 「シェイクスピアの作品を初めて演じた時に、演出家から言われたことが今も忘れられません。外国人の演出家だったので彼は日本語が分からないのですが、台詞を詩のように朗々と声にすると怒られるんです」

富樫 「音で分かるんですかね」

小島 「あとは気持ちです。彼に言われたのは、たとえ台詞が詩のようであっても、ただキレイに音にするだけでは観ている人の胸を打たない。美しい台詞の裏にある気持ち、役者の感情が動いていなければ観ている人に伝わらないんだと。ああ、それが古典を演じるということなんだと思いました」

富樫 「先ほど伺った、歌舞伎の型にも通じるお話ですね」

小島 「翻訳物の古典も“難しい”と身構えず、歌舞伎のように知っている俳優さんが出ているからというようなきっかけで観ていただきたいです。そうすればきっと、人の心は伝わるはずですし。活字で読むよりも俳優の台詞を通したほうが違和感なく世界に入っていけるのではないかと思います」

 劇場は、私たち観客が体験したことのない世界に行き、時間も国も違う登場人物に感情移入することで“自分ではない誰か”をつかの間生きる場所ではないでしょうか。舞台にいる俳優の声、動き、息づかいが自分と一体になった時、私たちは別人の生きざまを通して自分の人生を見つけるのかもしれません。
 小島聖さんが舞台で放つエネルギーは、ひとりの人間が生きるために持つ変わらぬ「強さ」、それを受け止め演じる感受性なのではないでしょうか。

小島 「ところで今日は、3月14日。松の廊下の刃傷が起こった日なんですよね。その当日に芝居を観られるというのも、古典の面白さですよね!今日この芝居を観られてよかったです」

 小島聖さんの目線は元禄時代に起こった事件を通して、現代に生きる俳優、そして数百年前に生きた人物とが重なる瞬間を観る楽しさを教えてくれました。

富樫佳織の感客道  

プロフィール

小島聖

3月1日生まれ、東京都出身。1989年、NHK大河ドラマ『春日局』への出演を皮切りに、映画・TVドラマ・舞台を中心に多数出演。近年は、『ひばり』『欲望という名の電車』(2007年)『かもめ』『眠りのともだち』(2008年)『パンク侍、斬られて候』(2009年)など演劇への出演を精力的に続ける一方、TBS系連続ドラマ『ラブシャッフル』などのTVドラマや、BS朝日EARTH Friendlyスペシャル『小島聖のスローライフ・イタリア豊かな食&暮らしを訪ねる旅』などにも出演。

     
   
富樫佳織の感客道

富樫佳織

放送作家。NHKで歌舞伎中継などの番組ディレクターを経て、放送作家に。

『世界一受けたい授業』『世界ふしぎ発見!』『世界遺産』などを手がける。中村勘三郎襲名を追ったドキュメンタリーの構成など、歌舞伎に関する番組も多数担当。

前のページへ 1 2 3 4 5

富樫佳織の感客道

1981年に劇団「ブリキの自発団」を結成し、舞台、映画、テレビドラマで幅広くご活躍する銀粉蝶さんの視線は「役を生きる」という役者の性をとらえます。—2010.03.19

今回は「百ます計算」を大ブームにした立命館小学校副校長で立命館大学教授でもある陰山英男さんとお芝居を拝見しました。—2010.02.17

2010年最初のゲストは、俳人の黛まどかさんです。女性ならではの感性を17音に織り込んだ句は 多くの人の「日本人魂」を揺さぶります。水面に一滴の雫が落ちたかのように、静かに、しかしどこまでも広がる句の世界観―。—2010.01.18

雑誌の表紙やCMでおなじみのKIKIさん。建築探訪のエッセイも執筆し、映画やドラマに出演と幅広い活躍をしています。建築やデザインを愛するKIKIさんの目に映る歌舞伎は― 。—2009.12.14

昨年から日本を席巻しているアメリカ生まれのパフォーマンス『ブルーマングループ』でパフォーマーを勤めるアダム・エードッシーさんです。—2009.11.09

今回は特別編として、中村七之助さんに公演に寄せる想い、そして歌舞伎をより楽しむ観方を伺います。—2009.10.08

世話物、松羽目物、舞踊...演目の世界に私たちを誘ってくれる大道具の面白さに注目しながら、日本を代表する映画美術監督の種田陽平さんと観劇をしました。—2009.09.11

オリンピックという大舞台を経験し続けてきた為末選手の目を通すと、歌舞伎を構築する身体表現に深い意味が重なってきます。—2009.08.10

毎日のドキドキや、観客と一体になる幸せを舞台でいつも感じさせる女優、美波さん。舞台を心から愛するひとが見つめる、歌舞伎の魅力に迫ります。—2009.07.14

今回は、エディトリアル・ディレクターの石川次郎さんと舞台を拝見しました。歌舞伎座の客席に座ったとたん、驚きの事実が明らかに!—2009.06.08

今回はロンドンから戻り、東京での凱旋公演に向けて気持ちを新たにする歌舞伎俳優・尾上菊之助さんにお話を伺います。—2009.05.07

経済誌「フォーチュン」による世界で一番パワフルなビジネスウーマン50人にも選ばれた和田さんは、現在、 深く歌舞伎にハマっているのだそうです。—2009.01.27

今回のゲストはお笑いタレント、俳優、劇作家、映画監督と様々な顔を持つダンカンさんです。江戸の破戒坊主をどう見つめるのでしょうか。—2008.12.26

今回は日産自動車「Be-1」や「PAO」、MOMAの永久保存作品となったカメラ「O-Product」などを世に送り出したコンセプターの坂井直樹さんと歌舞伎を拝見しました。—2008.11.25

今回はコメディアンとして活躍しているパックンと、時代物の名作のひとつ『盛綱陣屋』などを拝見しました。—2008.10.24

『料理の鉄人』などを手がけ、現在も『めちゃ2イケてるッ!』『和風総本家』などの番組で活躍されている放送作家の伊藤正宏さんと芝居を拝見しました。—2008.09.26

車のかたちをした緑の葉っぱのトヨタ エコプロジェクトなど、言われたらすぐに浮かぶ印象的な広告を生み出し続けている、日本を代表するクリエイターです。—2008.08.18

高橋靖子さんは日本のスタイリストの第一人者です。常に最先端を走り続けてきたヤッコさん。一緒に観るならこれしかないと考えていた演目がやってきました。—2008.07.04

濱口さんは、芝居が始まると一瞬にしてその世界に没頭します。集中力を研ぎすまして見つけてくれた歌舞伎の楽しみ方 …。するどすぎます。—2008.06.04

記念すべき1周年の感客は、小説家の町田康さんです。文筆だけにとどまらず、ミュージシャン、詩人、俳優としても幅広く活躍なさっています。—2008.04.18

数多くの国際展に参加。世界各地で広場や道路、橋桁の下といった「公共の場」に遊歩道や巨大空間を制作するのが川俣さんの作品です。—2008.03.17

今回は、大阪・中之島のスペースを拠点に、新しい文化を発信し続けるgrafの代表であるデザイナーの服部滋樹さんに感客となっていただきました。—2008.02.18

今回、感客となってくださったのはフリーアナウンサーの久保純子さんです。—2008.01.15

独自の世界観で歌舞伎に息を吹き込む串田さんは、どんな目線で歌舞伎を、そしてこの劇空間を感じているのでしょうか。—2007.12.12

いのちが宿る音をこの世に生み出し続けるひと、椎名林檎さん。彼女は日本人の遺伝子を内包する歌舞伎になぜ揺さぶられるのでしょうか。—2007.11.08

編集者、プロデューサー、そして司会者として八面六臂のご活躍をなさっている、いとうせいこうさんと一緒に感劇します。—2007.10.12

前回に続きクリエイティブディレクターの箭内道彦さんとともに感劇します。—2007.09.11

日本の「現在」をひた走る箭内さんは、歌舞伎にどんなエッセンスを感じるのでしょうか。—2007.08.27

今回はテレビや舞台で大活躍中のオセロ・中島知子さんとともに歌舞伎座6月の舞台を拝見しました。—2007.07.27

実は歌舞伎を観るのは今回が初めて。伝統文化というフィールドでお仕事をされている紫舟さんの「感客」ぶりが楽しみです。—2007.06.12

自由に歌舞伎を味わう客の心を「感客道」と名付け、観て感じ入る客の道を各界でご活躍されているかたとともに探ってゆきたいと思います。—2007.05.18

「歌舞伎を観てみたい。でも勉強しなきゃいけないんですよね?」としばしば言われます。—2007.04.25

ページの先頭へ戻る