インタビュー・文 富樫佳織、衣裳写真 松竹衣裳(株)、構成 栄木恵子(編集部)

 日本の春を彩る代表的な花、桜。
 あっという間に満開となり、名残惜しさとともに散っていく美しさに、人は格別の思い入れを込めてきました。

 万葉集にも、桜に思いを馳せた歌がたくさん詠まれています。
「やどにある桜の花は今もかも松風早み地に散るらむ」
松を揺らす強い風が吹いているので、あなたの庭の桜も今頃散ってしまっているのでしょうー
 厚見王(あつみのおおきみ)が久米女郎(くめのいらつめ)に贈った歌は、離れた場所にいながら大切な人を思う気持ちを、散る桜に託しています。

 短い期間しか見ることのできないこの花を、日本人は様々な文様に託して美しさを閉じ込めました。中でも、歌舞伎の舞台を彩る桜は独特の美学を象徴していると言います。
 東京藝術大学先端芸術表現科教授の伊藤俊治さんのご案内で、歌舞伎の演目により深い意味を与える桜文様の効果を解き明かしてみましょう。

  • 其の一儚さを愛でる日本人の感受性
    続きを読む
  • 其の二桜と雪 異なる季節の組み合わせが意味するもの
    続きを読む
  • 其の三一枚のタイルの物語 『バーナード・リーチのタイル』
    続きを読む


1 2 3 4 次のページへ

歌舞伎文様考

今回の文様は女性の登場人物の衣裳でおなじみ麻の葉文様。麻の葉を介してつながる女性の数奇な運命が浮かび上がってくるように思えます。—2009.02.19

初春にふさわしい願いが凝縮された文様をご紹介します。おなじみの「亀甲文様」。その誕生のルーツを紐解けば、吉祥を願う人々の心、生活の中に生きる祈りが見えてきます。 —2009.01.26

『助六由縁江戸桜』では傾城揚巻が豪華な打掛を脱ぐと、真っ赤な着物に金色の豪華な火焔太鼓があしらわれ観客の目を奪います。これも火焔文様がモチーフ。—2008.12.24

今回は「源氏車」をとりあげます。 源氏物語の世界を象徴する文様に様々な意味を読み解くと、ますます舞台を観るのが楽しみになります。—2008.11.26

前回に続き、話題の作品の衣裳を手がけ続けてきたコスチューム・アーティストのひびのこづえさんと、東京藝術大学先端芸術表現科教授の伊藤俊治さんとの対談です。—2008.10.25

話題の作品の衣裳を手がけ続けてきたコスチューム・アーティストのひびのこづえさんと、東京藝術大学先端芸術表現科教授の伊藤俊治さんとの対談です。—2008.09.25

今回は上方和事の衣裳に注目します。荒事の衣裳とはまた違った柔らかなデザイン。その文様は人の「こころ」を映す鏡でもあります。—2008.08.23

今回は美しい衣裳の変容で魅せる「舞踊」に注目します。変化する衣裳、そこに描かれた文様のひとつひとつには、物語を際立たせる意味がありました。—2008.07.24

今回は江戸歌舞伎を象徴する「荒事」に注目します。荒ぶる魂がほとばしる、そのルーツを文様や勇壮な衣裳に探します。—2008.06.27

数千年前に生まれ、大陸を通って日本にもたらされた唐草が、歌舞伎と出会ってどのように開花したのか。衣裳や大道具の中に悠久の時間が紡ぎ出すロマンを見つけます。—2008.05.29

俳優と観客とをつなぐ架け橋として、江戸時代には世界に類を見ない文様が生まれました。役者そのものをモチーフにした「役者紋」です。—2008.04.29

日本人は、文様にうつろう四季のダイナミズムや自然と暮らす人間のドラマをも盛り込みました。今回は歌舞伎の衣裳を見ながら、文様に隠された発見をご紹介します。—2008.03.31

十七代・長谷川勘兵衛さんを訪ねての対話から、文様に込められた役者と道具方との息の合った舞台創り、受け継がれる文様の美を紐解きます。—2008.02.29

武家屋敷や御殿にはたくさんの文様が散りばめられています。様々な文様は俳優と道具方の密な関係によって歌舞伎が創られてきたことを物語ります。—2008.01.30

歌舞伎を、そして劇場を文様で読み解く新趣向の知的探訪。本日は東銀座の歌舞伎座を訪れました。—2007.12.28

歌舞伎の衣裳や大道具、役者紋などから様々な文様をとりあげ、江戸が生んだ最先端デザインに注目。文様に秘められた物語を発掘します。—2007.11.27

ページの先頭へ戻る