隠された姿を表す紋

『仮名手本忠臣蔵』塩冶判官  黒綸子着付 同羽織(くろりんずきつけ、どうはおり)

『仮名手本忠臣蔵』大星由良之助  黒羽二重半着付 黒龍紋大小霰裃(くろはぶたえはんぎつけ くろりゅうもんだいしょうあられかみしも)

『仮名手本忠臣蔵』高師直  茶唐織桐唐草半着付 紫地白暈桐唐草長袴(ちゃからおりからくさはんぎつけ、むらさきじしろぼかしきりからくさながばかま)

 

『絵本太功記』尼崎ヶ閑居 佐藤虎之介正清 黒木綿蛇の目繍四天(くろもめんじゃのめぬいよてん)

 歌舞伎では、歴史上の人物や出来事を題材にした演目がたくさんありますが、その多くは場所や時代、人名を変えてあります。徳川幕府は、戦国時代から江戸時代に実際に起こった事件、実在した人物を芝居に仕立てることを禁止していましたので、狂言作者たちは舞台を江戸から鎌倉に移したり、人名を微妙に変えることで対応していたのです。

 『仮名手本忠臣蔵』が元禄期に起こった赤穂浪士の討入事件を、南北朝時代にうつして描いたものであることは周知の事実です。実在の大石内蔵助の役名は「大星由良之助」、浅野内匠頭は「塩冶判官」、吉良上野介は「高師直」といった具合ですが、衣裳につけている紋は大石家の家紋“右二つ巴(みぎふたつどもえ)”、赤穂浅野家の“違い鷹の羽(ちがいたかのは)”、吉良家の“五三桐(ごさんのきり)”の紋です。

 また大坂城落城を題材にしている『鎌倉三代記』に登場する「北条時政」は、実は徳川家康を指し、その娘で敵方に嫁入りする「時姫」は千姫のことだといわれています。井戸の中から現れ、時姫に密計を授ける「藤三実は佐々木高綱」のモデルは豊臣側の智将真田幸村。ぶっかえった四天の衣裳には、大きな銭の文様がいくつも飛んでいます。もちろん、真田家の家紋“六文銭(ろくもんせん)”を連想させることをねらっています。
 『絵本太功記・尼ケ崎閑居』や『祇園祭礼信仰記・金閣寺』に登場する加藤清正(いずれも劇中では「佐藤正清」)も、清正が兜につけていたことで有名な“蛇の目(じゃのめ)”の紋をつけています。
前のページへ 1 2 3 4 5 次のページへ

こころを映す、歌舞伎の舞台

今回が最終回。現代に生きる私たちにも大変親しみのある格子柄についてのお話です。—2010.09.22

歌舞伎の舞台に込められた「こころ」「美意識」を探る連載の第5回。今回は雨や雲、雷、そして陽炎など、日本の豊かな四季を彩る気象文様についてお話しします。 —2010.08.20

圧倒的な豪華さ、美しさを誇る『助六』の揚巻と『籠釣瓶(かごつるべ)』の八ツ橋。今回は、この2人の傾城(けいせい)がまとう打掛に描かれている「火焔太鼓(かえんだいこ)」のお話です。—2010.06.24

晴れた日の朝、草の上に降りた小さくてまあるい水の玉の"露"。今回は、このすぐ消えてしまいそうな、はかなさが漂う露と細い芝草の葉を意匠化した「露芝(つゆしば)」のお話です。—2010.05.24

衣裳、背景や小道具、そしてストーリーなど、歌舞伎の舞台に込められた「こころ」「美意識」を探る連載が始まりました。—2010.04.22

ページの先頭へ戻る