歌舞伎いろは

【歌舞伎いろは】は歌舞伎の世界、「和」の世界を楽しむ「歌舞伎美人」の連載、読み物コンテンツのページです。「俳優、著名人の言葉」「歌舞伎衣裳、かつらの美」「劇場、小道具、大道具の世界」「問題に挑戦」など、さまざまな分野の読み物が掲載されています。



SECOM 歌舞伎を支える仕事

歌舞伎を支える仕事 第6回 かつての芝居町に残る小道具の世界

 『暫』の大太刀、『白浪五人男』の傘、『鏡獅子』に登場する扇や手獅子……など、歌舞伎には印象的な小道具が数多く登場する。化粧をすませ、衣裳を纏い、かつらをつけた俳優たちが、役に入る〈最後の仕上げ〉=それが小道具。この連載も今回が最終回。その仕上げに、小道具の世界を探訪したい。

江戸・猿若三座の地にいまも残る秘蔵
幕から中の道具を扱うのが小道具の仕事
道具作りの使命は〈軽くて、丈夫、本物らしく〉

1 2 3 4 次のページへ

歌舞伎を支える仕事

第5回目は〈大道具〉の世界。絢爛な歌舞伎の舞台を彩る最も巨大な美術品=大道具の製作現場を紹介しよう—2008.03.07

歌舞伎の役とそれを演じる役者の体型に合わせて巧みに結い上げ、舞台へと送り出す床山。それはまさにカタチに残らない〈美術品〉なのだ。—2008.02.08

今回ご紹介するのは「かつら」の世界。艶やかな黒髪から、獅子のようなワイルドなかつら、それは繊細な手作業の積み重ねによって生みだされるのです。—2008.01.10

第2回目は、前回に引き続き衣裳編。タイトな時間のなか楽屋で行われる「着付け」とはどんなものなのでしょう?—2007.12.10

華やかな舞台を彩る「衣裳」の世界。オリジナルの生地を仕上げる工程から縫製まで、その技術に迫ります。—2007.11.09

ページの先頭へ戻る