歌舞伎いろは

【歌舞伎いろは】は歌舞伎の世界、「和」の世界を楽しむ「歌舞伎美人」の連載、読み物コンテンツのページです。「俳優、著名人の言葉」「歌舞伎衣裳、かつらの美」「劇場、小道具、大道具の世界」「問題に挑戦」など、さまざまな分野の読み物が掲載されています。



SECOM 歌舞伎「食」のおはなし 第3回 江戸時代に育った日本の調味料

米より高価だった、上方からの下り醤油

 関東圏では千葉県の野田、銚子の醤油が知られていますが、この地域で醤油が産業化されたのは江戸も元禄期。それ以前は醤油といえば、もっぱら関西産の醤油で、江戸では「下り醤油」と言われていました。海運を使って江戸に運ばれる醤油は高価で、江戸初期の頃は米の3〜4倍の値段だったとか。庶民の好物、蕎麦のつゆに、はじめは醤油ではなく垂れみそが使われていたのも道理です。

 ところで、歌舞伎好きの人なら、「醤油」と聞いて思い浮かべるのは『曽根崎心中』でしょう。元禄16年(1703年)に実際に起こった心中事件を題材に近松門左衛門が人形浄瑠璃に描いて大ヒット。以降、心中物が大流行した歴史的な作品です。しかし当時は歌舞伎ではあまり上演されず、現行脚本の初演は昭和28年(1953年)。遊女お初と心中を遂げる徳兵衞は、大坂屈指の醤油商、平野屋右兵衞門の手代です。ふたりが抜き差しならない状況へと追い込まれていくのは、お初の身請け話と、もう一つは徳兵衛に持ち上がった、主人の養子娘と結婚させられ江戸店に行く話がきっかけでした。

 徳兵衞が行くはずだった江戸店で商われていたのは、おそらく上方産の薄口醤油でしょうか。この物語の時代から少し上って、江戸独自の文化が花開く文化・文政(1804〜1830年)のころになると、人々の暮らしもいくぶん豊かになり、庶民も調味料として醤油が一般的になります。相前後して、関西から醤油醸造の技術を学び、関東でも醤油造りが盛んに。同時に味も江戸っ子好みの濃口へと変化していきました。

 ですが中には紀伊の湯浅醤油のように、当時から濃口醤油を製造し、関東の醤油製造業の成長に影響を与えた関西地方の老舗もあります。現在の私たちが、地域を問わず濃い口も薄口も、当たり前のように使い分けていることを思えば、湯浅醤油のご先祖たちは、時代の先駆者だったのかもしれません。


次のページへ

酵母がそのまま生きている「濁り醤」はじっくりしみ出た旨みだけを集めた生の醤油

前のページへ 1 2 3 4 次のページへ

歌舞伎「食」のおはなし

炭火に醤油が焦げる香はもちろんバリン、ボリンと噛む音までが芳ばしい『歌舞伎「食」のおはなし』第12回目は「煎餅(せんべい)」のお話しです。—2009.04.16

ふっくら、ぽってり丸い姿。指でつまんでパクっと頬ばれる気取りのなさも好ましい『歌舞伎「食」のおはなし』第11回目は、「饅頭(まんじゅう)」のお話です。—2009.03.16

フーフーしながら飲んだおばあちゃんの生姜湯。冬になると思い出す...という方もいるのでは?今回は、じんわり体を温める「生姜」のお話です。—2009.02.17

どんな豪華なお料理が並んでも、最後はなぜか食べたくなるのが炊きたてホカホカの…。『歌舞伎「食」のおはなし』今回はお米の国の主食「ご飯」のお話です。—2009.01.15

湯気の上がるせいろから漂う米の香り。威勢のよいかけ声と、振り下ろされる杵の音。餅つきは昔から、大人も子どもも気持ちが沸き立つ年末の風物詩でした。—2008.12.16

届いた包みを開ける時のワクワクする気分もさることながら大切な人の喜ぶ顔を思い浮かべながら品物をあれこれ選ぶ楽しさも格別。—2008.11.14

一口に日本の酒といっても、その種類はさまざま。江戸の人々はどんな美酒を味わったのか …。『歌舞伎「食」のおはなし』第6回目は、むかしの酒のお話です。—2008.10.16

劇中で俳優が食べ物を口にする光景は本当に食べているの、それとも…。『歌舞伎「食」のおはなし』第5回目は気になる「消え物」と「羊羹」のお話です。—2008.09.18

江戸時代、表向きには御法度だった獣肉食。禁止されるとよけいに惹かれるのが人情で、獣肉料理を商う店は繁盛したようです。—2008.08.14

『歌舞伎「食」のおはなし』第2回目はつるりとした喉ごしも食欲を刺激する蕎麦とうどんのお話です。—2008.06.19

海に囲まれたこの国で、江戸前なんて粋な言葉も生んだ「魚」。新連載、『歌舞伎「食」のおはなし』の第1回は、そんな「魚」にまつわる庶民の味のお話しです。—2008.05.21

ページの先頭へ戻る