歌舞伎いろは

【歌舞伎いろは】は歌舞伎の世界、「和」の世界を楽しむ「歌舞伎美人」の連載、読み物コンテンツのページです。「俳優、著名人の言葉」「歌舞伎衣裳、かつらの美」「劇場、小道具、大道具の世界」「問題に挑戦」など、さまざまな分野の読み物が掲載されています。



SECOM 『歌舞伎「食」の歳時記』

歌舞伎「食」の歳時記

第4回 涼を感じる江戸の夏芝居とデザート

文/長島日女光、写真/高木大輔(ヤスダフォトスタジオ)、フードコーディネート/中嶋クミ、構成/栄木恵子(編集部)
1 2 3 4 次のページへ

歌舞伎「食」の歳時記

秋が深まり木の葉が色づく頃は、里も山も豊かな実りの季節を迎えます。『歌舞伎「食」の歳時記』の第6回はのどかな秋の風物詩、木の実のお話です。—2009.10.15

高級魚とは呼ばれなくても江戸の庶民に愛された、安くておいしい栄養源。第5回は旬の鰯(いわし)と「鰯売りの恋」のお話です。—2009.09.15

『歌舞伎「食」の歳時記』の第3回は「うなぎ」と人気演目『神霊矢口渡』の作者、平賀源内のお話です。—2009.07.15

『歌舞伎「食」の歳時記』の第2回は、見立て遊びと梅干のお話です。—2009.06.15

新連載『歌舞伎「食」の歳時記』の第1回は、潮干狩りと貝の佃煮のお話です。—2009.05.15

ページの先頭へ戻る