歌舞伎いろは
【歌舞伎いろは】は歌舞伎の世界、「和」の世界を楽しむ「歌舞伎美人」の連載、読み物コンテンツのページです。「俳優、著名人の言葉」「歌舞伎衣裳、かつらの美」「劇場、小道具、大道具の世界」「問題に挑戦」など、さまざまな分野の読み物が掲載されています。


江戸では身分に関わらず園芸が大人気。将軍や諸侯の庭園で植木職人たちが腕を振るう一方で、庶民は自ら植物を育てるので秋には町中でもあちこちで菊の花が見られました。
現在の暦と旧暦とでは大きな違いがあります。旧暦の場合、年月日それぞれに干支が割り当てられ干支は「えと」、「かんし」と読まれ、十干と十二支を組み合わせたものです。

其の一 さまざまに咲く菊の花

 華やかな花弁と高い香りを持つ菊は、邪気を払い命を伸ばす植物として大陸から伝わったといわれています。平安時代には重陽の節句(旧暦9月9日)には、菊の花の夜露を吸い取った「菊の綿」で肌をぬぐったり、菊の花・葉に黍(きび)を合わせて醸した菊花酒をいただくものでした。重陽は陽数9が重なるため邪気が高まる日であり、現在の暦では10月ごろ。宮中では、見ごろになった菊を前に菊花宴を催して邪気を払ったのです。

 江戸時代になると全国各地で菊の品種改良が盛んになり、バリエーションは豊富になります。たとえば江戸で発達した江戸菊は、最初は平らに開いた花が、中心から徐々に花弁をねじるようにして立ち上がるという絶妙な変化が楽しめました。

 時代によって菊見もさまざまに変化し、人々は軒先で大輪の菊を咲かせたり、大がかりな菊細工をひとめ見ようと植木屋に押しかけたりします。江戸の菊細工は文化11年(1814年)ころ最盛期を迎えました。菊細工がもっとも盛んだった巣鴨では、植木屋だけでなく巣鴨に住む人々までもがきそってさまざまな趣向をこらした菊細工を披露し、諸国から見物客が詰めかけました。

前のページへ 1 2 3 4 次のページへ

くらしの今と昔

グルメブームが起こった江戸時代。身分制度の一番上、武士たちの食事はどのようなものだったのでしょうか?—2008.09.10

現代のように、電力の恩恵を享受できなかった江戸時代。夏の涼を得るために、どのような工夫をしていたのでしょうか?—2008.08.13

江戸時代、身分や職業の別なく町人たちが足繁く通った湯屋。そこには江戸っ子の気質が表れた"湯屋のマナー"も存在していたようです。—2008.07.14

当時世界でも有数の人口を誇った江戸。その大多数を占めた町人の食事はどんなものだったのでしょう。—2008.06.12

年に4回の衣替えが定められ、式日には豪華な礼装を纏う。御台所を頂点とする大奥、それに連なる武家のファッションとは?—2008.05.19

町人文化が花開いた江戸時代、都市の繁栄度合いが顕著に表れたのは、ファッションでした。そのファッションをリードしたのが、歌舞伎役者。—2008.04.19

梅、桃、桜と江戸の春は花盛り。大人も子供も、暖かい風を楽しみに出かけます。数えで七つや八つになった子供たちにとっては春は「入学」の季節でもあります。—2008.03.15

節分で季節の変わり目を迎えいよいよ春がやってくると木の芽や動物と一緒に、怪しげなものたちも動き出します。江戸の人々は、新しい季節を感じつつ厄を払います。—2008.02.15

江戸の正月は立春の近づく頃。明るさを増す陽射しに春を予感し、初風呂で身も心もきれいに心地良くなって、新しい年を迎えます。—2008.01.18

江戸の世でも師走はせわしいもの寒風ふきすさぶなか、町の家も、武家も、江戸城も、そしてお寺や神社も、新しい年に向けて磨きあげられていきます。—2007.12.17

ますます短くなる昼間を楽しみつつ、江戸の人々は祭りに仕事にと夜も休みません。—2007.11.21

朝や夕べの風に涼しさが混ざり、夕焼けの時間がみるみる早まってくれば、過ごしやすい秋の到来です。—2007.09.14

着飾った花魁が、箱提灯や傘を掲げる若い衆に囲まれ、遊客を迎えにいく「道中」は、庶民の日常から切り離された夢の世界でした。—2007.08.13

じりじりと照り付ける夏の日差しを上手によけて暮らす江戸の夏。涼を呼ぶおやつや、遊びなど、暑さを積極的に楽しむ方法も数多くありました。—2007.07.13

1日3食スタイルが定着する一方で、手間をかけなくてもおいしく楽しめる江戸の食が発達していきます。—2007.06.13

都会の魅力にひきつけられた人々が絶え間なく集まってきた江戸はやがて世界一の巨大都市となりました。—2007.05.18

数百人からの女性たちが仕えた江戸城大奥。女の園は、お風呂も一味違います。—2007.04.18

「いとおしき子には旅をさせよ」 そんな言葉に駆られるように 江戸っ子たちが旅に出かけていきます。—2007.03.14

壊れた物は修繕し、紙くず一つも無駄にしない。物は巡り、町は美しさを保ったのです。—2007.02.14

寒い寒い江戸の冬。暖かさを求めて、江戸っ子も工夫をこらします。—2007.01.15

粋でおしゃれな江戸っ子たちも、日々の疲れを癒してくれる湯けむりを楽しんでいました。—2006.12.13

朝がやってくれば、竈から煙が立ち上ります。シンプルで無駄を省いた長屋暮らしでも台所は家ごとにある大切な場所でした。—2006.11.14

夜が闇で満たされる江戸の世では、小さなあかりが、闇に住む妖魔や悪鬼から人々の心を守っていました。—2006.10.16

ページの先頭へ戻る