歌舞伎いろは

【歌舞伎いろは】は歌舞伎の世界、「和」の世界を楽しむ「歌舞伎美人」の連載、読み物コンテンツのページです。「俳優、著名人の言葉」「歌舞伎衣裳、かつらの美」「劇場、小道具、大道具の世界」「問題に挑戦」など、さまざまな分野の読み物が掲載されています。



文/田村民子、写真/トニータニウチ、ヘアメイク/宮下栄春、編集/中村清子、撮影協力/Cafe Serre
 なめらかに花びらを広げていく蕾のように、若き歌舞伎俳優は舞台を重ねるごとに刻々と進化していきます。「芸の眼差し、遊の素顔」がスポットを当てるのは、そんな若手歌舞伎俳優たち。ゲストに持参いただく、"大切にしている品"を手がかりに、「芸に向かうひたむきな横顔」、「ひとりの青年としての素顔」に迫ります。

 今回のゲストは、真摯に勉強を重ねながら女方の道を実直に進まれている坂東新悟さんです。ちょっとはにかみ屋の新悟さん。思い入れのあるアイテムとして、歌舞伎とプライベートの両方とも書籍をご持参されました。さて、どんな本なのでしょうか…。
  • 芸道:長身の名女方・六世尾上梅幸をお手本に
  • 娯遊:神宮球場の外野で、のんびり観戦
  • 履歴書+α:太るための食事、心がけています
1 2 3 4   次のページへ

芸の眼差し、遊の素顔

歌舞伎の舞台出演が増えている坂東巳之助さん。プライベートでは楽器の演奏がお好きで、歌舞伎界の有志でバンドも結成されているそう。ひねりの効いたそのバンド名とは...。—2011.03.10

昨年6月に『重戀雪関扉』で坂東玉三郎さんを相手に恋人役の宗貞を好演し、話題を集めた中村隼人さん。現役高校生である隼人さんの歌舞伎とプライベートとは?—2011.02.10

役と同じ19歳で『曽根崎心中』のお初という大役に挑み、見事に演じきった中村壱太郎さん。歌舞伎でもパソコンを駆使し、大好きな"漫画"の話に目を輝かせる20歳の大学生、誰もが認める好青年の登場です。—2011.01.07

ほのかな艶を含んだ娘役など若女方を中心に、多くの舞台で活躍されている中村梅枝さん。ダーツやゴルフに熱中していること、由緒ある鏡台への思い入れ、愛犬ランちゃん・ラブちゃんのことなど、素直にいろんな気持ちを語っていただきました。—2010.12.09

凛々しい若手立役として期待を集めている中村種太郎さん。今年9月からは屋号が萬屋から播磨屋となり、今後の舞台での活躍がますます期待されます。写真がご趣味という種太郎さん。赤いトイカメラで、どんな写真を撮られているのでしょう...。—2010.11.10

美しい若衆、若女方として活躍している尾上松也さん。お持ちいただいた"大切な品"を手がかりに、「芸に向かうひたむきな横顔」、「ひとりの青年としての素顔」に迫りました。プライベート写真も公開中です!—2010.10.08

ページの先頭へ戻る