松竹公式動画配信サービス 歌舞伎オンデマンド|いつでも、どこでも、楽しめる

舞台作品、トークショーから探す

舞台作品

シネマ歌舞伎

女殺油地獄

配信期間 2020年12月26日(土)~
レンタル期間 30日間(一度視聴を開始すると48時間でレンタル終了)
料金 1,900円(税込)
視聴する
河内屋与兵衛=松本幸四郎
七左衛門女房お吉=市川猿之助
山本森右衛門=市川中車
芸者小菊=市川高麗蔵
小栗八弥=中村歌昇
妹おかち=中村壱太郎
刷毛の弥五郎=大谷廣太郎
口入小兵衛=片岡松之助
白稲荷法印=嵐橘三郎
皆朱の善兵衛=澤村宗之助
母おさわ=坂東竹三郎
豊嶋屋七左衛門=中村鴈治郎
兄太兵衛=中村又五郎
河内屋徳兵衛=中村歌六

油屋を営む河内屋の次男与兵衛は、放蕩三昧で喧嘩沙汰を起こしてばかり。
借金の返済に困り、親からも金を巻き上げようとし、さらに継父・徳兵衛や妹にまで手をあげる始末。見かねた母・おさわが勘当を迫ると自棄を起こして家を飛び出すのだが、借りた金の返済は迫り途方に暮れる。
あてもなく彷徨う与兵衛が向かったのは同業の油屋 豊嶋屋の女房お吉のもとだった。一方、徳兵衛とおさわも、お吉を訪ね、与兵衛を家に帰るよう諭してくれと涙ながらに頼み、銭を預けて帰って行った。このやりとりを物陰で密かに聞いていた与兵衛は、その親心に涙を流し、銭を受け取るが、借金額にはまだ程遠い。
もう親に迷惑はかけられないと思った与兵衛は、お吉に不義になって金を貸してほしいと迫るが、断られてしまう。
金の無心をあきらめ、それならば油を貸してほしいとお吉に頼む与兵衛だったが…。

【予告映像】

【2021年9月1日開始】
本作品は「シネマ歌舞伎イヤホンガイド」アプリ対応作品です。
使用料:500円(税込・1作品1回のご使用につき)
使用方法のご確認やアプリのダウンロードはこちらのページにて
※ご使用にはスマートフォン、イヤホンが必要です

この配信をSNSシェア