松竹公式動画配信サービス 歌舞伎オンデマンド|いつでも、どこでも、楽しめる

舞台作品、トークショーから探す

特別コンテンツ

配信オリジナル
図夢歌舞伎

弥次喜多

配信期間 2020年12月26日(土)~
レンタル期間 30日間(一度視聴を開始すると48時間でレンタル終了)
料金 1,900円(税込)
視聴する
弥次郎兵衛=松本幸四郎
喜多八=市川猿之助
時枝浅之助=市川中車
伊月梵太郎=市川染五郎
五代政之助=市川團子
葉刈五郎=市川猿弥
彼方岸子=市川笑三郎
鳩=市川寿猿
口上人形(声の出演)=市川弘太郎

2009年にPARCO劇場で上演された前川知大の「狭き門より入れ」を原作に、市川猿之助が初監督に挑んだ「弥次喜多」シリーズ最新作!
これまで様々な珍道中を繰り広げてきた弥次郎兵衛と喜多八。数々の騒動を共に巻き起こした仲良しコンビでしたが……時代が変われば人も変わる⁉
弥次郎兵衛は出世して歌舞伎座の経営再建担当となり、相棒の喜多八もリストラしてしまいます。路頭に迷う喜多八を拾ったのは万屋(よろずや=コンビニ)「家族商店」を営む弥次郎兵衛の父。喜多八は真面目に働き店長になりました。「家族商店」には歌舞伎座をクビになった元役者の時枝、弥次喜多と珍道中を共にした梵太郎、政之助が入り浸っています。流行中の謎のウイルスによる不況の影響か、皆以前とはどこか変わってしまった様子。そこへ、歌舞伎座を追い出された弥次郎兵衛が、退職金を大事に抱えて帰ってきます。その手には「世界の終わりと始まり 更新の日は近い」と書かれた意味深なビラが握られているのでした……

【予告映像】

この配信をSNSシェア