歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

「鬼は外、福は内」歌舞伎座で豆まき

 2月3日・節分の日、歌舞伎座『通し狂言 仮名手本忠臣蔵』で、昼の部終演後、中村富十郎、松本幸四郎、市川左團次、中村魁春など総勢27名の歌舞伎俳優が、舞台上から「豆まき」を行いました。

 昼の部の幕が閉まり、再び幕が開けられた舞台上に総勢27名の歌舞伎俳優が黒の紋付姿で登場すると、客席から大きな歓声と拍手がまき起こりました。

 中村富十郎の「皆様の新しい春をことほぎ追儺式を行います。」の発声に続いて舞台上に鬼が登場し、賑やかにお囃子が鳴り響くなか、大入袋に詰められた豆が俳優の手によって舞台、花道から客席にまかれました。

 舞台から離れていて、なかなか届かないお客様のために、客席から歌舞伎座スタッフが豆まきをお手伝い。歌舞伎座ならではの春を呼ぶ華やかな節分に、お客様も大喜びの様子でした。

歌舞伎座の豆まき

▲ 舞台に現れた赤鬼も…このとおり退治します!

 

歌舞伎座の豆まき

▲ スタッフも総出で豆まき!今年は劇場の外でも配りました。

2007年02月07日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る