歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

演舞場10月勘三郎と森光子が初共演

 歌舞伎俳優の中村勘三郎と女優・森光子が10月の新橋演舞場公演『錦秋演舞場祭り 中村勘三郎奮闘』で初共演することになりました。

 昼の部は歌舞伎公演を行い、夜の部は「森光子・中村勘三郎特別公演」と銘打ち、森・勘三郎のふたりが初共演の新作。中村勘三郎は昼夜に大奮闘の公演となります。

 森光子は、十七代目中村勘三郎(現・勘三郎の父)とは舞台などで何度か共演していますが、当代の勘三郎とは、テレビドラマや映画も含め、芝居で共演するのは、なんと今回が初めて。さらに、森光子が新橋演舞場に出演するのは、昭和41年10月「森繁劇団特別公演」以来、41年ぶり。

 森は、「先代と親子二代にわたって共演させて頂くなんて、こんなに嬉しいことはございません。勘三郎さんとご一緒にお芝居することが出来たらとずっと思い続けておりましたが、その願いが叶うことになり夢のようです。
 勘三郎さんとは初めての共演になります。そして、新橋演舞場の舞台に立つのも久しぶりです。皆様の心に残りますように精一杯努めさせて頂きます。」とコメント。

 勘三郎は、「念願叶っての森光子さんとの共演、嬉しくて仕方がないですよ。うちの親父とは何度か舞台で共演されてますが、僕は今回が初めて。どんな面白い舞台になるのか、今からワクワクしていますし、本当に楽しみです。期待して待っていて下さい。」と意気込みを披露。

 歌舞伎はもちろん、『浅草パラダイス』シリーズや今年2月の『殿のちょんまげを切る女』などの人情喜劇でも新橋演舞場に数多く出演している勘三郎と、2005年には文化勲章を受章、その後もさらに活躍を続ける森光子が初共演する、新橋演舞場十月公演『錦秋演舞場祭り 中村勘三郎奮闘』どうぞご期待下さい。

2007年05月15日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る