歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

歌舞伎衣裳展 銀座三越にて開催

20071112.jpg

 黒本朱子松竹梅門飾り総刺繍傾城裲襠(くろほんじゅすしょうちくばいもんかざりそうししゅうけいせいうちかけ) 演目名:助六由緑江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)着用:6世尾上菊五郎

三越・松竹業務提携企画
三越所蔵 歌舞伎衣裳展

 11月27日(火)~12月3日(月)の期間中、銀座三越で三越所蔵「歌舞伎衣裳展」が開催されます。

 三越は、1907年(明治40年)から1952年(昭和27年)まで歌舞伎公演の貸衣裳業を展開していたことから、主に昭和初期の歌舞伎衣裳約350点を現在も保存・所蔵しています。その中には、5世中村歌右衛門、6世尾上梅幸、6世尾上菊五郎といった明治、大正から昭和にかけて活躍した名優が実際に着用した衣裳もあります。

 今回展示される9着の衣裳は、昨年から本年にかけてパリの三越エトワールで開催した「歌舞伎衣裳展」でも一部展示され、高い評価を得たものです。当時の歌舞伎界の空気を伝える貴重な衣裳を、ぜひこの機会にご鑑賞ください。

期間:2007年11月27日(火)~12月3日(月)
    ※最終日は閉場17時
場所:銀座三越 8階催物会場
入場料:無料
お問い合わせ:03-3562-1111
銀座三越

協力:松竹株式会社 松竹衣裳株式会社

2007年11月22日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る