歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

勘三郎『わらしべ夫婦双六旅』で意気込み

勘三郎『わらしべ夫婦双六旅』で意気込み

 左から 余貴美子、矢口真里、藤山直美、中村勘三郎、上島竜兵、ラサール石井(演出)、中島淳彦(脚本)

 2月新橋演舞場では、中島淳彦作・ラサール石井演出の『わらしべ夫婦双六旅』が上演中です。
 これまで、2月の新橋演舞場を爆笑と涙で包んできた、中村勘三郎と藤山直美の名コンビに加え、今回は上島竜兵、矢口真里、余貴美子と、それぞれの分野で華々しく活躍する個性豊かな面々がそろい、お待ちかねの人情喜劇の新作が登場します。
 初日を前に出演者たちがそろって意気込みを語りました。

中村勘三郎―――
 藤山直美さんとは、やり易いというか、やりにくいというか(笑)何年もやらせていただいて、毎日のように良い球を投げてくれるので、とにかく楽しいですよ。それに、僕は上島さんのファンなので、今回間近で見る事ができて嬉しいんです。演技も素敵ですよ。

藤山直美―――
 みんなで一緒にがんばっています。本当に和気藹々と、やらせていただいています。

上島竜兵―――
 いい意味での緊張感はあります。でももう、初日前に声をつぶしていますから(笑)。本当にすばらしいお仕事をいただいて、とにかく楽しく演じさせていただきます。

余貴美子―――
 みなさんと一緒に、毎日楽しくお稽古いたしました。これを観て皆さんに一年間楽しく過ごしていただけたらなと思います。上島さんの旦那様に、ほれてほれてしょうがないという役なんです。本当に、上島さんてかわいいんです。

矢口真里―――
 こんな素敵な方たちとお芝居をできるのは、多分一生に一回のことだと思います。両親もすごく喜んでます。楽しみながら千穐楽をちゃんと迎えられればいいなと思っています。直美さんから色々と教えて頂いて本当に幸せです。

 舞台でのギャグやダチョウ倶楽部のネタも織り交ぜられ終始大爆笑。息の合ったキャストによる舞台がいまから楽しみです。

【関連ニュース】
わらしべ夫婦双六旅 記者懇親会レポート

新橋演舞場『わらしべ夫婦双六旅』

 おなじみのダチョウ倶楽部のネタで「じゃあ僕が…」と上島竜兵が手を上げる一幕も

2008年02月01日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る