歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

海老蔵 こんぴら歌舞伎でお練り

海老蔵 こんぴら歌舞伎でお練り

 4月4日(金)、『瀬戸大橋開通二十周年記念 第二十四回 四国こんぴら歌舞伎大芝居』の初日を前に、市川海老蔵ら出演者が、金刀比羅宮で公演の成功を祈願し、桜満開の琴平の町を人力車に乗りお練りをおこないました。

 快晴の空の下、今日のお練りにあわせたかのように琴平の桜が満開を迎えました。そして、今年は瀬戸大橋開通二十周年記念の年。いっそう華やかな琴平を、こんぴら歌舞伎の開幕を祝う歌舞伎ファンおよそ2万人が埋め尽くしました。

 お練りが始まると沿道からは大きな拍手や声援で街中が大賑わい。先頭を行く市川海老蔵ら出演者たちもファンに笑顔で応え、時には握手をしながら、幟で彩られた街をセレモニー会場に向かって進みました。

市川海老蔵―――

市川海老蔵

 この度、第二十四回「四国こんぴら歌舞伎大芝居」にこうやって座頭として招いていただきまして、本当にありがとうございます。そして、本日このようにかくも賑々しくしていただき、僕たちもびっくりしています。

 瀬戸大橋二十周年記念でもあるこんぴら歌舞伎が明日、初日を迎えます。ご覧のように若い役者がそろっております。元気いっぱい皆様に喜んでいただけますように、舞台を勤めますので、何卒応援の程、よろしくお願いいたします。

市川右之助―――

市川右之助

 本日はこのようにお集まりいただき、誠にありがとうございます。

 今回は、『暫』の那須妹照葉、『夏祭浪花鑑』の団七女房お梶と2役を勤めますが、どちらも初役、そして大役でございます。一生懸命勤めさせていただきますので、ご後援よろしくお願いいたします。

 

片岡市蔵―――

片岡市蔵

 琴平に訪れるのは一昨年以来になります。ただいまお練りをやらせていただきましたが、多くの方から「お帰りなさい」と声を掛けていただきました。本当にありがたい事だと思っております。

 今回の出演者は若い人たちが多くて、少しだけ私が平均年齢を上げています(笑)。自分も若い力で初日から千穐楽まで頑張りたいと思っています。

 

市川男女蔵―――

市川男女蔵

 男寅を名乗っていた頃に、何度か伺わせていただきましたが、男女蔵になってからは初めての琴平です。

 市蔵さんもおっしゃっていたとおり、私も「お帰りなさい」と何度も声を掛けていただき、皆さんが顔を覚えていて下さったこと、本当に嬉しく思っています。

 琴平は大好きな街です。一生懸命勤めますので、ぜひ、金丸座に観に来ていただければと思っております。

 

坂東亀寿―――

坂東亀寿

 琴平は初めてですが、熱烈な歓迎を受けて大変ありがたい事と思っております。

 今月は『太刀盗人』の田舎者万兵衛、『暫』の鹿島震斎、『夏祭浪花鑑』の下剃三吉と、昼夜あわせて3役を勤めさせていただきます。皆さんのご観劇を心からお待ちしております。

 

尾上松也―――

尾上松也

 琴平は2回目ですが、前回は子役の時でしたので、ほとんど初めてといってよいほど久しぶりです。今日、このように応援していただき、みなさんに歓迎していただくと、改めて気合が入ります。

 今回、大役を勤めさせていただくことに感謝するとともに、このフレッシュなメンバーと一緒に千穐楽まで突っ走って行きたいと思っています。精一杯舞台を勤めますので、1ヶ月間どうぞよろしくお願いします。

 

尾上右近―――

尾上右近

 大好きで、憧れていた金丸座に出演することができて、そして、こうやって皆さんが暖かく迎えてくださって、とても嬉しく思っております。

 『暫』の小金丸、『供奴』の奴を勤めさせていただきます。最後まで猪突猛進したいと思っております。どうぞよろしくお願いします。

 

 セレモニーでは、贈呈された花束を出演者たちがお客様に手渡す一幕もあり、詰め掛けたファンも大喜び。

  「瀬戸大橋開通二十周年記念 第二十四回 四国こんぴら歌舞伎大芝居」、華やかな春の琴平の“熱い”1ヶ月が始まります。

海老蔵 こんぴら歌舞伎でお練り

 セレモニー会場「金陵の郷」

2008年04月05日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る