歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

「六世中村歌右衛門展-新作と復活狂言-」のお知らせ

拡大する] / [裏面はこちら

 3月25日(水)から、早稲田大学演劇博物館で「六世中村歌右衛門展-新作と復活狂言-」が開催されます。

 20世紀を代表する歌舞伎の名女形、六世中村歌右衛門(1917~2001)。演劇博物館では、春ごとにその偉業を偲ぶ展示を開催しています。歌右衛門は父五世以来長きにわたって演劇博物館とゆかり深く、遺愛の品々が多数寄贈されています。

 今年はその貴重な資料のなかから、新作と復活狂言に焦点をあてての展示。歌右衛門は古典を真摯に継承するだけでなく、三島由紀夫や北條秀司といった気鋭の作家による新作、また長く埋もれたままである作品の復活にも意欲的に取り組みました。歌右衛門が情熱をもって世に出し、後世に残した歌舞伎の世界をご覧下さい。

【期間】
2009年3月25日(水)~4月28日(火)

【主催】
早稲田大学坪内博士記念演劇博物館

【会場】
演劇博物館1階 六世中村歌右衛門記念特別展示室

【開館時間】
10:00~17:00(火曜・金曜は19:00まで)
会期中無休・入場無料

◆演劇講座◆
「六世中村歌右衛門を語る」
4月24日(金)14:00~15:30(13:30開場予定)
講師:織田紘二(独立行政法人日本芸術文化振興会 国立劇場理事)
会場:早稲田大学小野記念講堂(定員200名)
入場無料・予約不要
*会場定員に達した場合、入場頂けない場合がございます。あらかじめご了承ください。

ホームページはこちらをご覧ください

六世中村歌右衛門展

▲ 歌右衛門着用 『切支丹道成寺』朝子の衣裳柄

2009年03月05日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る