歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

シネマ歌舞伎初の怪談噺『怪談 牡丹燈籠』

 18年ぶりに仁左衛門と玉三郎が伴蔵・お峰夫婦を演じ話題となった、平成19年10月公演『怪談 牡丹燈籠』(歌舞伎座にて収録)がシネマ歌舞伎として登場します。
 
 伴蔵(仁左衛門)・お峰(玉三郎)夫婦に、萩原新三郎(愛之助)とお露(七之助)、宮野辺源次郎(錦之助)とお国(吉弥)の二組の男女の物語が重なり、幽霊よりも怖い人間の業の世界が展開してゆきます。カラン、コロンという下駄の音を響かせ牡丹燈籠を手に現れる、お露とお米(吉之丞)の二人の幽霊の怖さとおかしみも見どころです。

 また、作者である円朝が舞台に登場し高座で『牡丹燈籠』を「噺す」という趣向をとっており、こちらも三津五郎の力演によりたっぷりお楽しみいただけます。

今年の夏は、シネマ歌舞伎初の怪談で涼やかにお過ごし下さい



 全国上映スケジュールは以下の通りです。

東京・東劇:7月11日(土)~ 8月21日(金)
大阪・なんばパークスシネマ:7月18日(土)~
京都・MOVIX京都:7月25日(土)~ 8月7日(金)
福岡・中洲大洋映画劇場:8月15日(土)~
 
上記の4都市では、特別鑑賞券1,800円(当日券は2,000円)を絶賛発売中です。
東京・大阪・京都の上映館のチケットは、チケットホン松竹、 チケットWeb松竹にても発売予定です。

また、以下の都市・上映館でも秋以降の上映が決定しております。   

札幌・札幌シネマフロンティア:2009年秋
横浜・MOVIX本牧:2009年秋
名古屋・ミッドランドスクエアシネマ:2009年秋

2009年06月25日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る