歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

京都南座 「まねき書き」始まる

京都南座 「まねき書き」始まる

 京の年中行事「當る寅歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」(11月30日初日~12月26日千穐楽)を前に、11月10日京都市左京区の妙傳(みょうでん)寺において、顔見世興行の期間、南座の館前を飾る、まねき看板の「まねき書き」が行われました。

 宣伝機関の乏しかった江戸時代は、劇場前を種々の文字や絵を使って飾り立てることが芝居の宣伝の主要な方法とされ、その看板類の一種が「まねき看板」でした。看板上部に庵形をつけたものに、勘亭流で俳優の名前をしるし、上部をその俳優の紋で飾っています。材質は檜で、大きさは、長さ一間=約1.8m、幅一尺=約30.3cm、厚さ一寸=約3cm。南座の顔見世興行ではこの伝統を受け継ぎ、今年は25日に南座正面に掲げられ、師走の京都を彩ります。

 まねきを揮毫するのは、書家の川勝清歩さん(76歳)。文字の照りを良くするために清酒と、風雨にさらされるなど屋外環境の中でも耐えうるためにニカワを混ぜた墨をたっぷりと筆に含ませて、歌舞伎独特の「勘亭流」の文字で顔見世出演の役者たちの名前など、約60枚の「まねき看板」を書き上げていきました。

 本年も東西の名優が揃う豪華絢爛な舞台をご覧いただきます。

京都南座 「まねき書き」始まる

2009年11月14日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る