歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

染五郎、愛之助 対談『染模様恩愛御書』にむけて

染五郎、愛之助 対談『染模様恩愛御書』にむけて

 3月日生劇場「三月花形歌舞伎『通し狂言 染模様恩愛御書~細川の血達磨』」のプレイベントとして、2月26日(金)紀尾井小ホールにて『講談 細川の血達磨』が開催されました。
 元々講談にも『細川の血達磨』という演目があり、『染模様恩愛御書』にも出演する講談師・旭堂南左衛門が前編・後編合わせて一時間の大作を熱演しました。3月の舞台を前に作品への理解を深めることのできる楽しい会となりました。

 講談の間には、市川染五郎、片岡愛之助、旭堂南左衛門による対談もあり、染五郎は「僕と愛之助さんによる衆道の濃厚なシーンと共に、この物語のもう一つの大きな見どころは"火事場"です。その場面を講談によってさらに迫力あるものにしたいと、初演の際に南左衛門さんにご出演をお願いし、今回も"火事場"をさらに煽っていただく事になりました。『染模様恩愛御書』というタイトルは"染"と"愛"という2人の名前を入れ込んだ思いの強い作品です。さらにテンポ良く、日生劇場ならではの工夫をふんだんに取り入れることで進化した作品を、ぜひ多くの方に観ていただきたいと思っています。」と語りました。

 愛之助は「歌舞伎は男同士で勤めますから手を取ったりすることに違和感はないのですが、このお芝居では、いつもの歌舞伎とは違うラブシーンがあります。そういう場面は、やはり最初はぎこちないのですが、日が経つにつれてだんだんなめらかになっていったような気がしています(笑)。劇中、染五郎さん、南左衛門さんとの3人でセリフの掛け合いもあったり、とても面白い作品に仕上がっています。また、とても判りやすい作品ですので、歌舞伎を観たことのない方にもぜひ、ご覧頂きたいと思っています」。

 また、南左衛門は「初演の時は、歌舞伎に出演させていただくのは初めての事で大変緊張し、染五郎さんからいつダメ出しをされるかドキドキしておりました(笑)。火事場では、自分のいるところにも煙がモクモクと入ってきたり・・・一所懸命勤めると同時に、演者として大変楽しませていただきました。今回も周りの皆様にご迷惑がかからないように、そして歌舞伎の波に共鳴できるよう一生懸命勤めたいと思っています。」と語りました。

公演情報はこちらをご覧ください。

2010年03月03日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る