歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

「新橋演舞場 五月花形歌舞伎」出演者が語る舞台への意気込み

「新橋演舞場 五月花形歌舞伎」出演者が語る舞台への意気込み

 本年5月より建替えのため一時休場となる歌舞伎座に代わって、新橋演舞場が歌舞伎のメイン劇場となりますが、その最初となる5月公演は「新橋演舞場 五月花形歌舞伎」と銘打ち、花形俳優が初役・大役に挑む舞台です。

 昼の部には『寺子屋』『吉野山』『魚屋宗五郎』『お祭り』、夜の部には『熊谷陣屋』『浮かれ坊主』『助六由縁江戸桜』と時代物・世話物・家の芸・舞踊の代表的な演目を上演致します。公演に先立ち、出演者が舞台への意気込みを語りました。

市川染五郎
 歌舞伎座が建替えを行うこの3年間、歌舞伎にお客様を引き付け、そして新しい歌舞伎座に繋げていくというとても大事な時期を迎えます。5月がその最初の月、しかも父をはじめご先祖が当たり役としてきた縁の深い役ばかりを勤めさせていただくことに、とても大きなプレッシャーを感じています。また、今回の公演では同世代の方々と多くご一緒します。お互いに導き教えあい、皆で興行を盛り上げる責任を担って取り組みたいと思っています。

 今月、歌舞伎座では素晴らしい『熊谷陣屋』が上演されています。チラシ用の写真撮影の為に、先日熊谷の扮装を致しましたが、改めて自分が凄く憧れていたお役であるという事を実感しました。父・祖父・曾祖父と代々当たり役にしているお役です。その血を受け継ぎ高麗屋として染五郎を名乗っているわけですから、それに羞じぬよう汚さぬように、しっかりと勤めたいと思っています。


尾上松緑
 曾祖父の七代目幸四郎から数え、"はとこ"である三人(染五郎・松緑・海老蔵)が揃って舞台を勤めさせていただけること、また普段ご一緒させていただくことの少ない勘太郎さん、七之助さんと一座ができますことは、これからの我々にとって、とてもプラスになることだと思っています。

 松緑家に縁のある、祖父、父が当たり役にした出し物を3つ勤めさせていただきます。菊五郎劇団にとっても大事なお芝居である『魚屋宗五郎』は、非常に思い入れの強い役です。去年に続き2回目になりますが、さらに進化したところをお客様に観ていただけるように勤めたいと思っています。『うかれ坊主』は歌舞伎の興行では初めて踊らせていただきます。『助六』のくわんぺら門兵衛は、洒落っ気のある役で、私のような若い人がやって面白いかどうか・・・今はとても迷っていますが、初日にはお客様に明るく喜んでもらえるような舞台をお見せしたいと思っています。


市川海老蔵
 同世代の方々、そして先輩方とこうして舞台ができることは非常に嬉しく、良い意味で刺激をしあって、仲良くお互い切磋琢磨して成長することができたら良いなと思っています。お客様にこの一座の顔触れを観て楽しんでいただきたいですし、もちろん演目としても充分楽しめるように僕達も努力して頑張りたいと思っています。

 多くの演目が、今月歌舞伎座で上演されています。この時代の歌舞伎を代表するような豪華な配役で、僕達が先にやりたかったかなというのが本音ですが(笑)、そういうプレッシャーの中でも楽しんでやれればなと思っています。『助六』は"水入り"まで勤めます。父に教えていただき勤めますが"水入り"まですることによって、よりお客様に丁寧に伝わる部分もあるのではないかと思っています。


中村勘太郎
 5月から歌舞伎座が建替えの期間に入りますが、歌舞伎がなくなる訳ではありません。というのも先日父の勘三郎がタクシーの運転手さんに、「大変ですね、(歌舞伎座建替え期間の)3年間失業ですか?」って尋ねられたそうです(笑)。

 『菅原伝授手習鑑 寺子屋』の千代、『吉野山』では佐藤忠信実は源九郎狐を勤めさせていただきます。今月歌舞伎座で上演されている『寺子屋』はとても素晴らしく、それに少しでも近づけたらいいなと思っています。海老蔵さんとは以前、源蔵と戸浪で夫婦を勤めさせていただいたことがありましたが、今回は松王と千代というもう一方の夫婦を勤められるので、とても嬉しく思っています。そして皆様とお芝居が出来ますことを、とても楽しみにしています。熱い熱い舞台を勤めたいと思っています。


中村七之助
 歌舞伎座が建替え期間に入ることで、今ままでご一緒することの少なかった先輩、同輩、後輩の方々とご一緒にできる機会が増えるのではないかと楽しみにしておりましが、さっそくこの5月に私の夢が叶いまして、いままでご一緒する機会の少なかった、染五郎さん、松緑さん、海老蔵さんと同じ舞台で同じ空気が吸えること本当に嬉しく思っています。

 4月に先輩方が上演されている演目を後輩の我々が勤めるというのも、ひとつのみどころではないでしょうか。『寺子屋』では戸浪を勤めます。諸先輩方の素晴らしいものと比べるのではなく、お客様に喜んでいただくことのできる我々の舞台を一所懸命に勤めたいと思っています。

「新橋演舞場 五月花形歌舞伎」出演者が語る舞台への意気込み

2010年04月24日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る